婚活サイトでのメッセージのやりとりの仕方

多くの男性が、婚活サイト内でのメッセージのやりとりでミスを犯している

150401a

 

婚活サイト内における攻略について、

前々回の記事では、魅力的なプロフィールのつくり方、

前回の記事では、女性会員の検索について重要なこと、

について、お話してきました、

 

そして、今回は、検索して抽出した女性たちと、

サイト内でどのようにメッセージのやりとりをしていけば良いのかをお話していきます。

 

多くの男性が、このサイト内のメッセージのやりとりにおいて、

女性がドン引きしたり、重いと感じるような内容を送ってしまったり、

デートに誘い出すタイミングが早すぎたり、もしくは誘い出すタイミングを失っていたりと、

多種多様なミスを犯し、結果を出せずに終わってしまっています。

 

ということで、ぜひあなたは、今回のお話をふまえて、

婚活サイト内において上手にメッセージのやりとりをして、

お気に入りの女性をデートに誘い出したり、直接の連絡先を聞き出せるようにしましょう。

 

そもそも、婚活サイト内でメッセージのやりとりをする目的とは!?

 

まず、婚活サイト内で、

「どのようにメッセージのやりとりをしていくのか?」を、お話する前に、

「何の目的でメッセージのやりとりをするのか?」を、具体的に把握しておく必要があります。

 

婚活サイト内においてメッセージをする具体的な目的とは、

 

1:女性をデートに誘い出すこと

2:女性の直接の連絡先を聞き出すこと

 

・・・主にこの2点です。

 

「そんなこと、言われなくてもわかるわ!」

と、あなたは思うかもしれませんが、

意外にも多くの男性が、明確な目的を持たずに、

ただダラダラと婚活サイト内の女性とメッセージのやりとりをしていたりします。

 

以下の記事では、メール”だけ”では女性を落とすことはできないというお話をしましたが、

婚活サイト内でメッセージのやりとりをするだけでは、関係を進展することはできません。

メールだけでは女性は落とせない

 

もちろん、婚活サイト内のメッセージのやりとりでも、ある程度仲を深めることはできますが、

やはり、深い仲になるのは、デートの場面なのです。

 

ですから、婚活サイト内である程度メッセージのやりとりをして、

その女性があなたのお気に入りの子なのであれば、必ずデートに誘い出してください。

 

稀に女性の方からデートを提案しくてる場合もありますが、

多くの日本人女性というのは、恋愛においては”受け身”ですから、

基本的には、相手から誘われるのを待っているだけでは、デートにこぎ着けることはできません。

 

なので、頃合いになったら、

必ず男性であるあなたの方からデートを提案して誘い出すようにしてください。

 

そして、もう1つの目的である“女性の直接の連絡先を聞き出すこと”ですが、

これもできるだけ早く実行しておきましょう。

 

やはり、婚活サイト内のメッセージに比べて、

携帯電話のメールやLINEのIDなどは、よりパーソナルな連絡先になるので、

これを交換することにより、より二人の距離も縮まるわけです。

 

また、婚活サイト上のメッセージでしかつながりが無いと、

相手が突然退会してしまったら、そこで関係が完全に途絶えてしまうわけですが、

携帯電話のメールやLINEのIDでつながっていれば、

婚活サイトは関係なく、連絡を取り合うことができるわけです。

 

相手の直接の連絡先を聞き出すタイミングとしては、

デートの誘い出した時、待ち合わせ時の連絡方法として、

聞き出すと自然な流れになります。

 

例えば、以下のようなメッセージであれば、

相手に警戒されたり、拒否されることもなく、自然に連絡先を聞き出すことができます。

 

「じゃあ、○月○日の12時ぐらいに新宿駅待ち合わせで考えておいて。

自分の連絡先教えておきます。

メール:○○○@○○○○○
電話:090-○○○○ー○○○○

あと、名前は×××って言います。」

 

この様に、まずこちらから連絡先を提示すれば、

大半の子は、自分の連絡先も言ってきます。

 

もし、この時点で、女性が連絡先を言ってこなかったとしても、

待ち合わせの時点では、こちらに連絡をしてくるので、

履歴から女性の連絡先が判明するわけです。

 

また、ここでこちらの本名を言っておくことにより、

大抵は、相手の女性も本名を言ってきます。

 

ちなみに、ブライダルネットであれば、

独自のメッセージシステムである「もっと話そう機能」により、

会話が進めば、自動的に相手の直接の連絡先や本名がわかるので、

男性からすれば、よりラクにアプローチすることができます。

 

ということで、

婚活サイト内においてメッセージをする具体的な目的として、

 

1:女性をデートに誘い出すこと

2:女性の直接の連絡先を聞き出すこと

 

・・・この2点をしっかりと把握した上で、やりとりをしていきましょう。

 

では次に、これをふまえた上で、

婚活サイト内でどのようにメッセージのやりとりをして行けば良いのか

その流れをお話していきましょう。

 

婚活サイト内でのメッセージのやりとりの流れ

 

婚活サイト内でどのようにメッセージのやりとりの流れとしては、

以下の通りになります。

 

STEP1:検索結果で出た女性全員にコピペメッセージを送る

STEP2:返信が来た子たちとメッセージのやりとりをしていく

STEP3:お気に入りの子から順にデートに誘い出していく

STEP4:デート直前に具体的な待ち合わせ場所の連絡をする

 

非常にシンプルな流れですよね?

 

では、1つ1つのSTEPの内容について、詳しくお話していきましょう。

 

STEP1:検索結果で出た女性全員にコピペメッセージを送る

 

これは、前回の記事と重なる部分でもありますが、

まず最初に女性にメッセージを送るにあたっては、

1人1人にピンポイントで送るよりも、

100人~200人程度に一斉にコピペ文を送ってしまった方が効率的です。

 

なぜなら、婚活サイト内の女性会員というのは、

既に相手が見つかっている子や、ほとんどログインしていない子もいるので、

必ずしもアクティブな会員とは限らないからです。

 

1人送って⇒返信が来ない、1人送って⇒返信が来ない、1人送って⇒返信が来ない、

・・・を繰り返していたら、精神的にも凹んでしまう可能性もあるでしょう。

 

ですから、最初のメッセージを送る相手は条件を絞りすぎずに母数は大きくして、

そこから返信が来た子には本格的に相手にする形にした方が、効率的なのです。

 

最初に送るコピペ文としては、以下の様な感じで大丈夫です。

 

「××さん、はじめまして、○○と申します。

プロフィールを拝見させていだき、
興味がありましたのでメールさせてもらいました。

もし良ろしければお返事ください。 
よろしくお願いします。」

 

このコピペ文を送って、

写真やプロフィールがしっかりと出来ていれば、

大体20%ぐらいの確率で返信があります。

 

200人に送れば、40人ぐらいから返信が来るイメージです。

 

作業時間としては、200人に送ったとしても、

30分程度ですから、大して労力ではありませんよね?

 

そして、返信が来た子に対しては、

相手のプロフィールをしっかりと見て、オリジナルの文章を書いて、

メッセージのやりとりをしていくわけです。

 

STEP2:返信が来た子たちとメッセージのやりとりをしていく

 

返信が来た子たちに対しては、

相手のプロフィールをしっかりと見て、オリジナルの文章を書いて、

メッセージのやりとりをしていくわけですが、

ここで、見失ってはいけないのが、先ほどお話した“具体的な目的”です。

 

1:女性をデートに誘い出すこと

2:女性の直接の連絡先を聞き出すこと

 

・・・この2点ですね。

 

結構多くの男性が、女性から返信があるだけで喜んでしまって、

いつまでもデートに誘い出さずに、ダラダラと何往復もメッセージをしていたりします。

いつのまにか目的が、”女性から返信メッセージをもらうこと”になっていたりするわけです。

 

そして、いつまでも関係が進展せずに、そのうちに女性の方が退会してしまい、

完全に関係が途絶えてしまったりするわけです。

 

くどいようですが、メッセージやメールのやりとりだけでは、女性を落とすことはできません。

女性と落とすのは、デートの場面でやることです。

 

なので、必ずゴールである”女性をデートに誘い出すこと”を見据えて、

メッセージのやりとりをしていきましょう。

 

例えば、女性とイタリアンの店の話題で盛り上がったら、

「今度、その店でランチしようか?」

などと、自然な流れで誘っていくわけです。

 

メッセージの頻度としては、大体、1日1往復程度で、

期間としては、5往復~10往復程度したら、デートの誘い出すようにしましょう。

 

やはり、1日に何通も送ってりしていると、

かなり必死でガッツいた印象になってしまい、

女性から”価値の無い男”と見なされてしまう可能性があります。

 

メッセージの期間に関しては、5往復~10往復程度となると、

あなたや相手の女性がどれぐらいの日数の間隔で返信をするかにもよりますが、

だいたい1週間~2週間程度になるでしょう。

 

デートに誘い出すのが、早すぎてもガッツいていると思われますし、

遅すぎてもタイミングを逸してしまうわけです。

 

なので、5往復~10往復程度メッセージのやりとりをしたら、

デートに誘い出すようにしましょう。

 

ちなみに、ブライダルネットの独自のメッセージシステムである

「ちょい話そう機能」は、7日間しかメッセージのやりとりができないという縛りがあります。

 

この「ちょい話そう機能」、一見すると不自由な機能にも思えるのですが、

この7日間という縛りにより、自然と会員同士に「毎日メッセージを送ろう」

という意識が生まれるため、話がポンポンと進みやすく、

実は男性からすれば、かなりオイシイ機能ですので、おすすめです。

 

STEP3:お気に入りの子から順にデートに誘い出していく

 

相手の女性のプロフィールを見ながら、メッセージのやりとりをしていく中で、

あなたのお気入りの子の順にデートに誘い出していきます。

 

先ほどの続きで、返信が来た40人の女性とメッセージのやりとりをしていくのであれば、

その中の5人~10人ぐらいとは実際にデートをしていくイメージです。

 

こちらの記事では、1人1人の女性に対して余裕の態度で接するためにも、

1人だけの女性に固執しすぎず、複数の女性に同時並行でアプローチすることが、

非常に重要であるとお話しました。

 

なので、1人の女性とのデートのアポが取れたからと言って、

いきなり、他の女性たちを全員切り捨てるようなことはしないでください。

 

1人の女性と実際に付き合うまでは、必ず複数の彼女候補を確保しておきましょう。

 

5~10往復程度メッセージのやりとりをしたら、デートに誘い出しアポを取り、

先ほどの以下のようなメッセージを送り、ついでにこちらの連絡先も教えておきましょう。

 

「じゃあ、○月○日の12時ぐらいに新宿駅待ち合わせで考えておいて。

自分の連絡先教えておきます。

メール:○○○@○○○○○
電話:090-○○○○ー○○○○」

 

こちらから直接の連絡先を提示することにより、

女性も連絡先を言ってきたり、

待ち合わせ時にはこちらにメールなり電話をしてくるので、

履歴から女性の連絡先を入手できるわけです。

 

ちなみに、デートに誘い出す口実としては、“食事デート”が最も無難です。

 

なぜなら、食事であれば、まず嫌いな女性はいないので、ハズレが無いからです。

 

そして、時間帯としては、昼のランチと、夜のディナーとが考えられますが、

婚活サイトでの出会いにおいては、ランチデートの方が、より誘い出しやすいです。

 

合コンやパーティーなどのリアルの出会いの場であれば、

出会いの時点で一度は直接会ってから初デートをしますが、

婚活サイトの場合は、それまではネット上のやりとりのみだったので、

実際に会うのは、初デートの時点が最初になるわけです。

 

ですから、女性としては、リアルの出会いの場合に比べて、

どうしてもこちらへの警戒心は強くなるため、

夜よりも昼の方が、より誘い出しやすいわけです。

 

もちろん、最初から夜デートができるのであれば、

その方がお酒も入り、関係を進展させやすいのですが、

婚活サイトにおいては、初デートはランチやお茶など、昼の時間帯を提案した方が、

女性の警戒心が減り、拒否される確率が低くなり、より確実に誘い出すことができます。

 

STEP4:デート直前に具体的な待ち合わせ場所の連絡をする

 

さて、STEP3で、女性をデートに誘い出しアポを取り、

直接の連絡先も聞き出すことができたら、

ここからは、婚活サイト内でのメッセージのやりとりから、

携帯メールなりLINEでのやりとりに移行します。

 

やはり、よりパーソナルな連絡先でやりとりした方が、

二人の距離は縮まりますし、他のライバルの男性会員たちとの差別化にもなります。

 

ただし、STEP3の時点で、デートのアポが取れたものの、

女性の直接の連絡先までは聞き出せなかった場合は、

引き続き婚活サイト内でのメッセージのやりとりで構いません。

 

このSTEPのやりとりにおいて重要なことは、

“必要最低限以外の連絡は一切しない”ことです。

 

必要最低限の連絡とは、具体的には、

デートの2~3日前に送る、詳しい待ち合わせ場所の連絡です。

 

例えば、デートの2日前ぐらい前に、

 

「○○日は、JR新宿駅南口の改札の待ち合わせでよろしく。

着いたら、メールか電話に連絡ください。」

 

などと、送るわけです。

 

ハッキリ言って、これ以外のメールは送る必要はありません。

 

「ええ!?なんか素っ気ないんじゃない?」

と、思うかもしれませんが、これだけで良いのです。

 

多くの男性が、初デートのアポが取れてからも、

特に用も無いのに、女性にメールを送ったりしていますが、

これは絶対にNGな行為です。

 

なぜなら、いくら初デートに誘い出せたからといって、

この時点では、女性はこちらに多少の興味・関心はあるにせよ、

異性としての好意までは持っていないからです。

 

それなのに、こちらが特に用も無いのに意味も無いメールを送ったら、

ガッツいている雰囲気になってしまい、こちらの立場もどんどん下がってしまうわけです。

 

最悪の場合、女性から重いとか、面倒くさいなどと思われ、

デートをドタキャンされてしまう可能性もあります。

運良く初デートまでこぎつけたとしても、

こちらの立場が低いかなり不利な状況からのスタートになります。

 

なので、素っ気ないと思うかもしれませんが、

デートのアポが取れたのであれば、

後はデートの待ち合わせなどの必要最低限の連絡以外はしなくて良いのです。

 

 

以上、

婚活サイト内でどのようにメッセージのやりとりの流れ

についてお話しました。

 

あなたも確実に婚活サイトの女性たちをデートに誘い出していこう

 

今回のお話いかがでしたでしょうか?

 

おさらいしますと、

 

まず、

婚活サイト内においてメッセージをする具体的な目的

としては、

 

1:女性をデートに誘い出すこと

2:女性の直接の連絡先を聞き出すこと

 

・・・主にこの2点になります。

 

そして、

婚活サイト内でどのようにメッセージのやりとりの流れ

としては、以下の通りになります。

 

STEP1:検索結果で出た女性全員にコピペメッセージを送る

STEP2:返信が来た子たちとメッセージのやりとりをしていく

STEP3:お気に入りの子から順にデートに誘い出していく

STEP4:デート直前に具体的な待ち合わせ場所の連絡をする

 

ということで、ぜひあなたも、今回のお話をふまえて、

婚活サイト内において上手にメッセージのやりとりをして、

お気に入りの女性をデートに誘い出したり、直接の連絡先を聞き出していってください。

 

 

さて、婚活サイト内での戦術については、

今回お話したような、こちらから女性にメッセージを送る「攻めの戦術」と、

女性からメッセージが送られてくる「待ちの戦術」とがあります。

 

次回は、この「攻めの戦術」「待ちの戦術」についての比較や

それぞれの内容について詳しくお話していきますので、ぜひ楽しみにしていてください。

>>婚活サイトにおける「攻めの戦術」と「待ちの戦術」とは!?

 

 

 

あなたにとって"本当に使える優良婚活サイト"BEST3

あなたも"男性にとって本当に使える優良婚活サイト"を選んで、

友人や同僚にうらやましがられるような美人の女性を手に入れて、最高に幸せな結婚をしてみませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

rank1_mini ブライダルネットの評価 口コミ レビュー

rank2_mini ユーブライドの評価 口コミ レビュー

rank3_mini エキサイト婚活の評価 口コミ レビュー

 

よく読まれている記事

男性にとって有利な婚活サイトの3つの条件とは!?

ブライダルネットの評価 口コミ 体験談レビュー

【婚活サイト徹底比較】ブライダルネットvsユーブライド

婚活サイトで、アラフォー男性が20代の女性を狙っても良いのか?

恋愛愛初心者の男性こそ婚活サイトを利用するべき5つの理由

婚活サイトで写真を公開したら、友人や同僚にバレないか?


あなたにおすすめの「確実に出会えるサイト」とは!?

広告バナー150728

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ