結婚したくても、結婚まで辿りつけないカップルもいる!?

150525a

今回も、あなたが好きな女性と付き合ってから、二人が良好な関係を構築していためにやるべき大切なことをお話していきます。

このサイトをご覧のあなたであれば、好きな女性と付き合うことができたら、その先に「結婚」というものを考えているのではないでしょうか?

・・・・。

ですが、大好きな彼女と結婚したいと望んでいても、結婚まで辿りつけずに終わってしまうケースというのは結構多いのです。

二人が結婚まで辿りつけないケースは様々ありますが、今回はその中でも特に多い事例について、対策を含めてお話していきます。

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、大好きな彼女と結婚するために、キッチリと対策をしていきましょう。

 

結婚まで辿りつけないケースの中でも、特に多い事例

さて早速ですが、二人が結婚まで辿りつけないケースの中でも、特に多いその事例とは、

“両親の反対”

です。

いくら、二人が愛し合っていて真剣に結婚を考えていても、どちらかの両親の猛反対によって結婚を断念してしまうというケースというのは、今の時代でも少なくないのです。

恋愛であれば二人だけの問題ですが、結婚となれば家と家との問題にもなってくるので、お互いの両親の意向というものは、かなり影響してくるわけです。

実際、私の友人でも、8年も付き合った彼女と結婚をしようと相手の実家に挨拶に行ったところ、彼女の両親から認めてもらえず、結局、別れさせられてしまったという男性がいます。

男性側の親が反対の場合であれば、男性としてはその反対を押し切ることは難しくないかもしれません。

ですが、女性側の親が反対の場合であれば、多くの女性というのは、親から反対されると無理には押し切れないものです。(もちろん中には、両親の反対により、逆に燃え上がる女性もいますが・・・)

なので、我々男性としては、大好きな彼女と結婚するためには、いかに相手の両親の了承を得るかがポイントになってくるわけです。

では一体どうすれば、確実に相手の両親から、結婚の了承を得ることがでいるのでしょうか?

・・・・・。

そのためには、あなたの強力な味方になってくれる”キーパーソン”を、しっかりとおさえておくことが必要になってきます。

ということで次は、この“キーパーソン”とは、一体誰のことなのか、そしてそのキーパーソンをどうやって味方に付けるのか、をお話していきましょう。

 

二人が結婚するための強力な味方になりうる”キーパーソン”とは!?

さて、あなたが彼女の両親から結婚の了承を得るための、強力な味方になってくれる“キーパーソン”とは、“彼女の母親”です。

つまり、彼女の母親さえあなたの味方に付けてしまえば、たとえ彼女の父親が反対であっても、いずれは結婚の了承を得られるということです。

なぜなら、多くの家庭では、結婚の場面において、母親の発言権や影響力というものが結構強いからです。

なので、彼女の父親が反対であっても、彼女の母親があなたの味方になってくれれば、「あの子(あなたのこと)、いい子ですよ」などと、父親に言ってくれたりするわけです。

そうなると、父親の方も、じょじょに気持ちが変わり、やがて結婚を認めてくれるようになるわけです。

我々男性からすれば、同性である彼女の父親には、目の敵にされる可能性がありますが、異性である彼女の母親には、気をつかったり、丁寧に接していれば、可愛がってもらえる可能性が高いわけです。

また、女性というのは、父親よりも同性である母親との方が、何でも話せる関係だったりします。女性によっては、恋愛の悩みも母親に相談していたりします。

ですから、あなたと彼女の関係が壊れそうになった時でも、彼女の母親があなたの味方になっていれば、「でも、あの人、お母さんはいい人だと思うわよ」などと、彼女に言ってくれて、二人の関係修復に一役買ってくれる可能性もあるわけです。

ということで、あなたが大好きな彼女と結婚したいのであれば、必ず彼女の母親から気に入られるようにして、味方に付けるようにしてください。

具体的に、彼女の母親から気に入られるための行動としては、ことあるごとに、ちょっとしたプレゼントを贈ることです。

例えば、彼女の実家に挨拶に行く際には、彼女の母親が好きなお菓子やフルーツを持っていったり、誕生日や母の日には、ハンカチなどのちょっとしたプレゼントを贈るわけです。

なので、彼女の実家に挨拶に行く前には、必ず彼女の母親の好物などを、彼女から聞いて準備しておきましょう。

そして、一度、彼女の母親と面識を持ったら、それ以降は、必ず誕生日や母の日にはプレゼントを贈るようにしてください。

たとえ、1つ1つがちょっとしたプレゼントであっても、この様な積み重ねにより、確実に彼女の母親から信頼を得られるわけです。

そして、彼女の母親さえ味方になってくれれば、二人が結婚するための障壁というものは、ほとんど無くなるわけです。

 

あなたも彼女の母親を味方につけて、大好きな彼女と結婚しよう

今回のお話いかがでしたでしょうか?

話をまとめすと、結婚したかったのに、結婚まで辿りつけずに関係が終わってしまうケースは、様々ありますが、その中でも特に多い事例が、“両親の反対”によるものです。

男性側の両親の反対であれば、男性は押しきれることも難しくないですが、女性側の両親の反対であれば、女性はなかなか押しきれないものです。

なので、彼女側の両親の了承を得るということがポイントとなってくるわけです。

そのために、あなたの強力な味方になりうる”キーパーソン”というのが、“彼女の母親”なわけです。

ですから、我々男性としては、ことあるごとに彼女の母親にプレゼントを贈るなりして、気に入られるようにして、味方に付けておくべきなのです。

そして、彼女の母親さえ味方に付けておけば、二人の結婚の障壁というものは、ほぼ無くなるわけです。

 

ということで、ぜひあなたも大好きな彼女と結婚したいのであれば、必ず彼女の母親に気に入られて、味方になってもらえるようにしましょう。