婚活サイトの女性達の状況は、「年齢」によって大きく左右される

150624a

中国・古代の軍事思想家である、孫子が書いた兵法書の中に、「敵を知り己を知れば百戦危からず」という言葉があります。

この言葉の意味としては、「敵と味方の実状を把握していれば、百回戦っても負けることは無い」ということになります。

これは裏を返せば、「敵のことも味方のことも知らなければ、何回戦っても勝てない」ということもであります。

このことは、婚活においても言えることです。

つまり、「敵(女性達)のことも味方(あなた自身)のことも知らなければ、何回戦っても(何人の女性にアプローチしても)勝てない(結果を出せない)」ということです。

特に、多くの男性は、自分自身のことは理解していても、女性達がどんな状況なのか、わからないままアプローチしている場合があります。

ですから、婚活サイトにおいて婚活を成功させるためには、婚活サイトの女性達がどのような状況なのか理解しておくことも、重要になってくるわけです。

そして、女性達の状況というものは、「年齢」によって、かなり大きく左右されます。

特に女性には、出産できるタイムリミットというものがあるので、我々男性以上に「年齢」はシビアな問題になってくるわけです。

あなたは、婚活サイトの女性達が、年齢によってどのような状況の違いが出てくるのか、把握できているでしょうか?

そこで今回は、婚活サイトの女性達について、年齢層別にその状況を分析していきます。

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、婚活サイトの女性達の年齢による状況を理解して、攻略のヒントとしてくださいね。

 

婚活サイトの女性達の状況を4つの年齢層に分けて分析

それでは早速ですが、婚活サイトの女性達について、年齢層別にその状況を分析していきましょう。

まず、婚活サイトに登録している女性会員の年齢層としては、やはり、結婚適齢期である、20代~30代の女性が中心になります。

そして、この20代~30代の女性達を、さらに細分化すると、

20代前半(20歳~24歳)の女性

20代後半(25歳~29歳)の女性

30代前半(30歳~34歳)の女性

30代後半(35歳~39歳)の女性

の4つの年齢層に分類することができます。

 

女性が、この4つの年齢層のどこに属するかによって、かなり状況が変わってくるのです。

ということで、それぞれの年齢層の女性がどのような状況にあるのか、お話していきましょう。

尚、今回お話する「婚活サイト」とは、当方でおすすめしている、ブライダルネットゼクシィ縁結び、といったサイトをイメージしていただければと思います。

 

・20代前半(20歳~24歳)の女性

この年齢層は、地方の女性達は結婚を考え出す時期ではありますが、都市部の女性達は、まだまだ結婚を考えていなかったりします。

ですが、婚活サイトに登録している女性であれば、この年齢層であっても、総じて結婚を考えている子たちになります。

30代、40代の男性からすると、「若すぎる」というイメージがあるかもしれませんが、女性というのは、男性と違って、自分よりかなり年上の異性でも、恋愛対象、結婚対象と考えています。

実は、男性側が受け入れられるか次第で、10歳、20歳年下の子と付きあったり、結婚するのは、全然可能なことなのです

私自身、以前は、ひと回り年下の20代前半の女性と付き合っていましたので、実感していることです。

特に婚活サイトの女性達というのは、自分よりかなり年上の男性でもOKという子が多い傾向にあります。

その割に、30代40代男性は、ビビって敬遠していたりするわけです。

ということで、婚活サイトのこの年齢層の女性というのは、20代男性はもちろんこと、30代40代男性にとっても、結構”狙い目”なのです。

 

・20代後半(25歳~29歳)の女性

この年齢層の女性は、結婚へのモチベーションが高く、ブライダルネットゼクシィ縁結びの様な婚活サイトにおいても、最も多い層です。

また、30代40代の男性からしても、20代後半の女性というのは、それなりに大人なので話も合いますし、それでいて若さも兼ね備えているので、最も人気の年齢層と言えるでしょう。

私自身も30代ですが、婚活サイトにおいては、この年齢層の女性を狙って活動し、今の彼女をつくりました。

そして、この年齢層の女性というのは、出産して子供をつくるという点に関しても、今から2年ほど交際して結婚と想定すると、丁度良い年齢です。

例えば、26歳の女性と2年交際して結婚して、すぐに妊娠ということになれば、初産は29歳ぐらいになるので、安全に子供を産むことができるわけです。

ということで、20代後半の女性というのは、結婚適齢期ド真ん中で、モチベーションも高い女性達と言えるので、最も狙い目と言える年齢層です。

 

・30代前半(30歳~34歳)の女性

この年齢層の女性達は、20代は過ぎ、30代という大台に乗ってしまっていますが、「出産」というタイムリミットが間近に迫っています。(35歳以上で初産の場合は、ダウン症児が産まれる確率が急上昇します。)

ですから、20代後半の女性よりもさらに焦りが強く、結婚へのモチベーションも高いです。

なので、婚活サイトにおいては、20代後半女性と同じく多い年齢層です。

世間一般においては、そろそろ結婚を諦めている女性もチラホラ出てくる年齢ですが、婚活サイトに登録している女性に関しては、皆結婚へのモチベーションは高いです。

ただし、30代になると、20代女性には無い狡猾さも身に付けていたり、結婚が周りより遅れている分、一発逆転を狙ってやろうとして、妙にプライドが高かったり、男性への条件が厳しい女性もいたりします。

ですから、我々男性からすれば、落としやすい女性もいれば、妙にガードが固い女性もいる年齢層です。

そして、出産して子供をつくるという場合においては、本当にギリギリ(場合によってはかなり危険)な年齢です。

例えば、34歳の女性と2年交際して結婚して、すぐに妊娠しても、37歳ぐらいで出産ということになるわけです。

先ほどもお話しました通り、35歳以上で初産となると、ダウン症児が産まれる確率が急上昇し、なおかつ母体へのリスクもあるわけです。

ですから、この年齢層の女性に関しては、場合によっては出産はできないことも覚悟の上でアプローチする必要があります。

 

・30代後半(35歳~39歳)の女性

さすがに女性でこの年齢層となると、子供をつくることは難しいので、結婚を考える女性も減ってきます。

ですから、この年齢層の女性は、子供をつくるというよりも「人生のパートナーづくり」ということを主眼において婚活をしています。

婚活サイトでも、この年齢の女性になるとやや少なくなります。

我々男性からすれば、「若くないし子供も産めなくて不人気だから、落としやすいのか?」などと、思うかもしれませんが、意外とそうでもありません。

先ほど、30代前半の女性のところでもお話しましたように、高齢女性というのは、狡猾さを身に付けていたり、周りより出遅れた分、一発逆転を狙って、妙にプライドが高かったり、男性への条件が厳しかったりします。

また、若いころモテた女性であれば、昔チヤホヤされた感覚も残っているので、なおさら、相手の男性への条件が厳しかったりします。

なので、30代後半の女性よりも、20代の女性の方が、断然落としやすかったり、付き合ってからも楽だったりします。

ということで、もしあなたが、年上好きで、なおかつ子供もいらない、ということであれば、狙ってみても良いかもしれません。

以上、婚活サイトの女性の状況を年齢層別に分析して、お話しました。

 

基本的には20代女性を狙い、場合によっては30代女性も・・・

今回のお話いかがでしたでしょうか?

おさらいしますと、婚活サイトの女性達の年齢層別の状況としては、以下の通りになります。

 

・20代前半(20歳~24歳)の女性

⇒この年齢層の女性達は、かなり年上の男性も恋愛対象に考えているので、実は結構狙い目。

・20代後半(25歳~29歳)の女性

⇒結婚適齢期で、婚活サイトに最も多い年齢層。ある程度大人で、若さも兼ね備えている。子供をつくることを考えた場合においても丁度良い年齢。

・30代前半(30歳~34歳)の女性

⇒出産できるタイムリミットが迫り、焦っている女性が多く、婚活サイトにも多い年齢層。落としやすい女性もいるが、狡猾でプライドが高い女性もいる。子供をつくることを考えた場合は本当にギリギリ(場合によっては危険)な年齢。

・30代後半(35歳~39歳)の女性

⇒子供がつくることが難しい年齢なので、婚活している女性も減ってくる年齢層。周りより出遅れた分、一発逆転を狙っていいたりして、意外と20代女性よりも落としづらい。年上好きで、なおかつ子供をほしくない男性なら、狙っても良いか!?

まとめますと、我々男性からすれば、基本的には20代の女性を狙って、場合によっては30代の女性も視野に入れるぐらいがベターというわけです。

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、婚活サイトの女性達の年齢による状況を理解して、攻略のヒントとしていただければと思います。