間違ったサイトを選んだら、ただ時間とお金を浪費するだけで終わる!?

150907a

私は、社会人なってから、彼女をつくるにあたって、リアルの出会いにしろ、ネットの出会いにしろ、実に様々な出会いの場を経験しました。

そんな中でも、出会い系サイト(特に婚活サイト)というものは、忙しい男性でも活動できたり、大量の女性に労無く一気にアプローチができたり、より自分の好みに合った女性を探すことができたりと、彼女をつくるにあたって、実に合理的な出会いの場であると実感しています。

また、出会い系サイト(特に婚活サイト)は、難易度という点でも、正しいアプローチさえすれば、誰でも簡単に可愛い彼女をつくることができるので、恋愛初心者の方でも確実に結果を出せる出会い場なのです。

というわけで、私は出会い系サイト(特に婚活サイト)を、出会いの場として、強くおすすめしているわけですが、その前提としては、必ず「正しくサイトを選ぶ」必要があります。

あなたは、出会い系サイトを利用するにあたって、正しく選ぶことができているでしょうか?

こちらの記事でお話したように、あくまでも、信頼性が高くて、女性会員の質が良いのサイトを選ぶからこそ、確実に可愛い彼女をつくることができるわけです。

反対に、間違ったサイトを選んでしまうと、女性とロクに出会うことができず、ただただ時間とお金を浪費してしまう結果になってしまうわけです。

そして、タチの悪い事に、世に溢れる「出会い系サイト」の大半は、女性と「出会えないサイト」なのです。

そこで今回は、そんなタチの悪い、女性と「出会えないサイト」に関して、とんでもない実態が明らかになったニュースがありましたので、注意喚起の意味でシェアしたいと思います。

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、出会い系サイトで活動するにあたっては、必ず正しいサイト選びをしてください。

 

ある出会い系サイトのとんでもない実態

まずは、以下のYahoo!ニュースの記事を読んでみてください。

 

不倫サイト「アシュレイ・マディソン」に女性はほとんどいなかった? 情報流出であらわに

カナダに拠点を置く不倫サイト「Ashley Madison」がハッキング被害に遭ったことに関連し、流出した情報からさまざまな分析が行われている。米ブログメディアのGIZMODOによると、同サイトのデータベースに登録されている女性会員のほとんどは“偽物”で「実際にサイトを使った形跡がなかった」という。

ハッカー集団が公開した公式情報によれば、同サイトには約3100万人の男性会員と約500万人の女性会員がいるとされていた。しかしデータを詳しく分析した結果、女性アカウントの多くは運営会社内で作られたとみられるテストアカウントで、実際にサイト上でメッセージ確認やチャットを行った女性ユーザーはわずか数千人しかいなかったという(男性は数百~数千万人が使っていたという)。

「Ashley Madisonは、数千万人の男性たちが実在しない女性のためにメールを書き、チャットをし、金を費やすだけの場所にすぎなかった」――とGIZMODOは伝えている。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150827-00000046-zdn_n-sci

 

・・・いかがでしょうか?

この「アシュレイ・マディソン」というサイトは、男性会員が約3100万人、女性会員が約500万人で、(この時点でも、かなり男女比のバランスが悪いですが・・・)さらに、その女性会員の中の99%以上が、運営会社によるサクラだったわけです。

つまり、このサイトは、男性会員にとっては、ただただお金を時間を浪費するだけの、「出会えないサイト」だったわけです。

そして、この様な悪質なサイトは、海外に限った話ではありません。

日本の出会い系サイトでも、運営会社のスタッフが女性会員のサクラをしている様な、悪質なサイトが数多くあります。

これは、ある会社の出会い系サイトのシステムの構築を請け負っていたシステムエンジニアの人から聞いた話なのですが、

彼いわく、その出会い系サイトの実態は、女性会員のほとんどは運営会社の男性スタッフによるサクラで、お金を払っている男性会員はまったく出会えないシステムだったそうです。

さらに、たまに本物の可愛い女性が会員登録してきたりすると、その運営会社の男性スタッフたちが男性会員のフリをして、女性をデートに誘って、遊んでいたそうです。

つまり、男性会員も女性会員も不幸になってしまう、実に悪質なサイトだったわけです。

なので、この様な悪質なサイトに登録しないためにも、正しくサイトを選ぶ必要があるわけです。

では、この様な悪質な詐欺サイトに登録するのを未然に防ぐには、一体どのような点に留意すれば良いのでしょうか?

・・・これに関しては、そのサイトの“ある部分”を見れば、信頼できるか否かが一発で判断がつきます。

ということで、次にその出会い系サイトが信頼できるか否かの非常にわかりやすい判断基準についてお話していきましょう。

 

サイトが信頼できるか否かのわかりやすい判断基準

それでは早速ですが、出会い系サイトが信頼できるか否かの、非常にわかりやすい判断基準とは、

“サイトの運営会社が、上場企業または上場企業のグループ会社であるどうか”

ということです。

つまり、そのサイトの運営会社や、運営会社の親会社が、東証一部、東証二部、大証一部、大証二部、ジャスダック、マザーズなど、証券取引所に上場させている会社であれば、まず間違いなく、詐欺サイトではないということが言えるわけです。

なぜなら、会社をこれらの証券取引所に上場させるためには、時価総額、事業継続年数、利益額、経営内容、企業コンプライアンスなど、非常に厳しい審査基準をクリアしなければならないからです。

当然のことながら、その様な上場企業または上場企業のグループが、詐欺サイトの運営ような組織的犯罪をして発覚したら、一発退場で上場廃止になります。

上場廃止となれば、その会社は運転資金を集めることが困難になり、厳しい経営状況に追い込まれることになるわけです。

ですから、上場企業または上場企業のグループ会社が、サクラを使った出会えない詐欺サイトを運営するような事をしたら、自分で自分の首を絞めるような行為になってしまうわけです。

つまり、私たちが、信頼できる出会い系サイトを選ぶにあたっては、サイトの運営会社が、上場企業または上場企業のグループ会社であるどうかが、1つの判断基準となるわけです。

ちなみに、私がおすすめしている婚活サイトである、ブライダルネットユーブライドゼクシィ縁結び、はいずれも、以下の様に運営会社が上場企業または上場企業のグループ会社ですので、安心して利用することができるわけです。

・ブライダルネット・・・東証一部上場の株式会社IBJが運営

・ユーブライド・・・東証一部上場会社の100%子会社である株式会社ダイバーズが運営

・ゼクシィ縁結び・・・東証一部上場会社の100%子会社である株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営

ということで、あなたが今後、出会い系サイトを選ぶにあたっては、必ずそのサイトの運営会社の情報を調べて、上場企業または上場企業のグループ会社であるか否か、チェックしておきましょう。

サイトの運営会社が、上場企業または上場企業のグループ会社か否かチェックしよう