婚活サイトを利用する多くの男性が初デートで過度に緊張してしまう原因

160707a

合コンやパーティーなどのリアルの出会いの場とは違って、婚活サイト含めネットの出会いの場というのは、はじめはサイト上でのやりとりからはじまります。

ですから、婚活サイトで男女が出会う場合というのは、「初デート」の時点が、本当に意味での初対面の場になるわけです。

それまでサイト上のメッセージやメールのやりとりのみで、直接会ったことが無かった二人が、はじめて顔を合わせるわけですから、婚活サイトの女性との初デートというのは、独特の緊張感があるわけです。

あなたも、婚活サイトの女性との初デートでは、独特の緊張感を感じませんか?

そして、婚活サイトを利用している多くの男性が、この独特な緊張感にのみこまれてしまい、初デートで本来の自分を出せずに、微妙な空気のままで終わってしまったりして、次のデートにつながらずに二人の関係が終わってしまったりしているのです。

もちろん、初デートにおいて、ある程度の緊張をすることは仕方が無いことですし、それは決して悪いことではありません。

ですが、「過度に緊張」してしまうと、本来の自分の良い部分が出せなかったり、頭の中が真っ白になって意味不明なことを口走ってしまったり、挙動不審な行動をしてしまったりして、微妙な空気になったり、女性にドン引きされて、恋愛対象外にされたりしてしまうわけです。

そうなると、多くの男性は、

「やっぱり、ネットの出会いはダメなんだな」

とか、

「ネットで出会うと、どうしても初デートで微妙な空気になってしまう」

などと思って、結局ネットでの出会いをあきらめてしまうわけです。

・・・しかしながら、初デートがうまくいかないのは、本当に、ネットの出会いであることだけが原因なのでしょうか?

もちろん、先ほどもお話しましたように、婚活サイト含めネットの出会いにおいては、初デートが初対面になるので、独特の緊張感があることは確かなのですが、それがデートがうまくいかないことの直接の原因ではないのです。

私はこのブログを通じて、多くの読者の方々のご相談に乗ってきましたが、婚活サイトの女性との初デートがうまくいかない男性には「ある共通点」があったのです。

あなたはこの「ある共通点」が何だかわかるでしょうか?

・・・・。

その婚活サイトの女性との初デートがうまくいかない男性の「ある共通点」とは、

“初デートで女性と「対面の席」に座っていた”

ということです。

つまり、婚活サイトの女性との初デートがうまくいかない男性というのは、食事やお茶の時などに、決まって、女性と対面に位置する席に座っていたのです。

ここで、「え?そんなことが、デートがうまくいなかいことの原因になるの?」などと、思った方が多いかもれません。

ですが、初デート時においける、女性との座り位置というのは、そのデートを成功させるか否かの非常に重要なポイントになってくるのです。

初デートでは、「対面の席」ではなく、「横並びの席」に座るべきなのです。

あなたには、その理由がわかるでしょうか?

・・・・。

そこで今回は、婚活サイトの女性との初デートでは必ず「横並びの席」に座るべき3つの理由、と題してお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、婚活サイトの女性との初デートで食事やお茶の際には、必ず「横並びの席」に座って、デートを成功させましょう。

 

婚活サイトの女性との初デートでは必ず「横並びの席」に座るべき3つの理由

 

それでは早速ですが、婚活サイトの女性との初デートでは必ず「横並びの席」に座るべき3つの理由、とは以下の通りです。

 

①初対面の女性と二人きりでも過度に緊張することがない

②心理的距離が近いので、仲を深めやすい

③物理的距離が近いので、スキンシップが仕掛けやすい

 

これらのポイントというのは、初デートを成功させるか否かの重要なカギになっているのです。

ですから、婚活サイトの女性との初デートにおいては、「対面の席」ではなく、必ず「横並びの席」に座るべきなのです。

では、1つ1つのポイントについて説明していきましょう。

 

①初対面の女性と二人きりでも過度に緊張することがない

「対面の席」というのは、相手が自分の真正面に座るので、常に視界に女性がいるわけです。

ですから、「対面の席」だと、会話が終わって沈黙になったりしても、常に女性の方を向かなければならず、目のやり場に困ってしまい、これが過度な緊張を引き起こしてしまうわけです。

あなたは、初対面でなおかつ好きなタイプの女性と対面の席に座って、緊張せずにいられるでしょうか?

もちろん、先ほどもお話したように、適度な緊張感というのは、あっても良いです。

しかしながら、「過度な緊張」をしてしまうと、多くの男性というのは、本来の自分の良い分を出せなかったり、頭の中が真っ白になって意味不明なことを口走ったり、舞いあがって挙動不審な行動をしてしまうわけです。

そして、デートが微妙な空気になってしまったり、女性から余裕の無い男として見られて、恋愛対象外にされたりするわけです。

ところが、カウンター席やカップルシートなどの「横並びの席」であれば、会話をしている時は相手の方を向きつつも、会話が終わったら正面を向けば、自然に相手と視線を外すことができるわけです。

ですから、「横並びの席」であれば、過度な緊張をすることもありませんし、目のやり場に困ることもありませんし、沈黙になっても気まずくなることもなく、逆に沈黙を楽しめるぐらいの余裕も出てくるわけです。

そして、好みのタイプの女性との初デートであっても、冷静にアプローチしていくことができるわけです。

 

②心理的距離が近いので、仲を深めやすい

心理学においては、相手との座り位置によって、心理的効果がかなり変わってくることが実証されています。

そして、「対面の席」というのは、相手と議論を戦わせたり、囲碁や将棋などの勝負事をするのには向いているのですが、相手と仲を深めたり、腹を割って話すのには、あまり向いていないのです。

一方、「横並びの席(もしくはL字型の席)」というのは、相手と議論を戦わせたり、勝負事をするのにはあまり向いていないのですが、相手と仲を深めたり、腹を割って話すのには、向いているわけです。

つまり、「対面の席」よりも、「横並びの席」に座った方が、相手との心理的距離がグッと縮まるわけです。

このような相手との座り位置による心理的効果というのは、実は様々な場面で活用されており、例えば、某大手企業では、上司が部下と腹を割って、膝を交えながら面談をする場合は、「横並びの席」か「L字型の席」に座って話をするそうです。

ですから、デートの場面においても、二人の心理的距離を近づける意味でも、「対面の席」ではなく、「横並びの席」に座るべきなのです。

 

③物理的距離が近いので、スキンシップが仕掛けやすい

このブログでは何度もお話していることですが、二人の関係を進展させるためには、デート中の「スキンシップ」というのは必要不可欠な行為です。

なぜなら、「スキンシップ」というのは、多くの女性にとっては、彼氏や特別な関係の男性としかやらない行為だからです。

なので、デート中にこちらがスキンシップを仕掛けて、それを女性に受け入れさせることができれば、「私たちは特別な関係なんだ・・・。だから、こんなことをしているんだ。」などと、女性に感じさせることができるわけです。

もちろん、いきなり抱きついたり、キスをしようとしたり、ホテルに連れ込もうとしたら、女性から拒絶されてしまう可能性が高いです。

しかしながら、以下の記事でもお話しました通り、最初は「肩や肘、膝が当たる」とか「ツッコミを入れる」とか「ホッぺをつつく」とか、軽いスキンシップからはじめていけば、女性に受け入れさせることができるわけです。

女性の身も心も手に入れる悪魔のスキンシップ17ステップ

そして、軽いスキンシップからじょじょにじょじょに深いスキンシップへステップアップさせていけば、最終的にはキスをしたり、体の関係を持ったりと、二人の関係を決定づける行為ができるわけです。

なので、初デートの時点においては、まずは「肩や肘、膝が当たる」とか「ツッコミを入れる」などといった軽いスキンシップからはじめていくわけですが、そのためには二人の物理的距離が近くなければならないわけです。

ところが、「対面の席」に座ってしまうと、二人の間に物理的距離があるため、このようなちょっとした軽いスキンシップすらできないわけです。これでは、二人の関係を進展させることはできません。

一方、「横並びの席」であれば、二人の間の物理的距離が非常に近いため、「肩や肘、膝が当たる」とか「ツッコミを入れる」とか「ホッぺをつつく」などといったスキンシップが、容易にできてしまうわけです。

ただ横並びで座って食事をしているだけでも、相手の肩や肘、膝が当たったりしますからね。

ですから、スキンシップをしやすい環境をつくる意味でも、「横並びの席」に座るべきなのです。

尚、「L字型の席」というのも、「横並びの席」と同様に、過度に緊張することなく、二人の心理的距離および物理的距離が近くなる座り方なのですが、スキンシップのしやすさという意味では、より二人の物理距離が近い「横並びの席」の方に分があると言えます。

もちろん、「対面の席」に比べれば、「L字型の席」も圧倒的にデートに適した座り方です。

つまり、イメージ的には、

横並びの席>L字型の席>>>>>>>>>>>>>>>>>>対面の席

ぐらいの順でデートに適した座り方と言えます。

以上、婚活サイトの女性との初デートでは必ず「横並びの席」に座るべき3つの理由についてお話しました。

 

あなたも、初デートでは必ず「横並びの席」を確保しよう

今回のお話いかがでしたでしょうか?

おさらいしますと、婚活サイトの女性との初デートでは必ず「横並びの席」に座るべき3つの理由、とは以下の通りです。

①初対面の女性と二人きりでも過度に緊張することがない

②心理的距離が近いので、仲を深めやすい

③物理的距離が近いので、スキンシップが仕掛けやすい

これらのポイントというのは、初デートを成功させるか否かの重要なカギになっているのです。

ですから、婚活サイトの女性との初デートにおいては、「対面の席」ではなく、必ず「横並びの席」に座るべきなのです。

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、婚活サイトの女性との初デートで食事やお茶の際には、必ず「横並びの席」に座って、デートを成功させましょう。

尚、初デート当日、「横並びの席」を確保するためには、できれば事前に店を下見しておいたり、席を予約しておくようにしましょう。