あなたは結婚したら子供がほしいですか?

161007a

男性が結婚を考える理由には様々ありますが、「子供をつくる」ということも、その1つです。

あなたは、結婚したら子供がほしいと考えているでしょうか?

以下は、恋愛情報サイト「恋学」で実施されたアンケート結果なのですが、20~30代男性のうち、実に74%もの人が、結婚したら子供がほしいと回答しています。

kodomo

引用元サイト:http://koigaku.machicon.jp/

これだけ多くの男性が子供をのぞんでいるのは、やはり、自分の種を残すということは、生物の根源ともいえる行為だからでしょう。

また、「両親に孫の顔を見せてやりたい」という、親孝行の気持ちもあるからでしょう。

・・・ですが、残念ながら、子供がほしいと心の底からのぞんでいるにも関わらず、中には、子供ができないままの夫婦もいます。

子供を特にのぞんでいない夫婦であれば、それで良いのですが、子供をのぞんでいる夫婦なのにも関わらず、いつまでも子供ができないというのは、夫婦仲がギクシャクしてきたり、双方の両親からも口を挟まれたりして。やがて離婚の原因につながってしまう危険性もあるわけです。

このような状況に陥らないためにも、我々男性としては、婚活をする時点からいくつかの点を注意しておくことにより、結婚してから無事子供を授かり、幸せな家庭を築くことができるわけです。

そこで今回は、子供がほしい男性が婚活の時点から注意するべき3つのポイント、と題して子供がほしい男性が婚活において注意すべきことをお話していきます。

ぜなあなたも、結婚したら子供がほしいと考えているのであれば、今回のお話をしっかりとふまえて婚活をしていきましょう。

 

子供がほしい男性が婚活の時点から注意するべき3つのポイント

それでは早速ですが、子供がほしい男性が婚活の時点から注意するべき3つのポイント、とは以下の通りになります。

 

①相手の女性が安全に出産ができる年齢なのか考慮する

②付き合ってから~結婚~出産までの期間を考慮する

③付き合ってからも結婚してからも日常的にスキンシップを心がける

 

我々男性は、婚活の時点からこれらのポイントをしっかりとふまえておくことにより、結婚してから無事子供を授かり、幸せな家庭を築くことができるというわけです。

では、1つ1つのポイントについて、説明していきましょう。

 

①相手の女性が安全に出産ができる年齢なのか考慮する

基本的には男性は60歳になっても70歳になっても、健康な子供をつくることができます。

しかしながら、女性には安全に出産できる年齢にタイムリミットがあります。

女性が出産をする年齢としては20代までは安全なのですが、35歳以上になると「高齢出産」となり、不妊や流産の危険性があったり、出産できたとしてもダウン症児が産まれる確率が急激に上がります。

テレビなどで多くの女性芸能人が高齢出産しているのを見ると、30代後半以降の出産でも問題が無いかのようにも思えてくるのですが、医療の現場においては、高齢出産による悲惨な事故が絶えないのが実状で、未だ35歳がボーダーラインとされているわけです。

ですから、我々男性としては、結婚して子供がほしいのであれば、婚活するにあたって、相手の女性が安全に出産できる年齢なのかを考慮するべきなのです。

相手の女性の年齢が20代なのであれば問題ありませんが、30代以上なのであれば、出産時には高齢出産になってしまうわけです。

ということで、我々男性としては、婚活においては、子供がほしいなら20代女性を選ぶべきであり、30代以上の女性を選ぶのであれば、高齢出産による様々なリスクを覚悟するか、子供をあきらめることも視野に入れるべきなのです。

 

②付き合ってから~結婚~出産までの期間を考慮する

先ほどお話した、女性が安全に出産できる年齢に関連することなのですが、以外と多くの男性が見落としているのが、相手の女性と「付き合ってから~結婚~出産までの期間」です。

結婚を考えている者同士であれば、比較的結婚までの期間は短いとはいえ、それでも、付き合ってから~結婚までに最短でも1~2年程度はかかるわけです。

さらに、結婚してからすぐに妊娠したとしても、出産は約1年後になるわけです。

つまり、「付き合ってから~結婚~出産までの期間」というのは、どんなに短くても2~3年はかかってしまうわけです。

この期間を見落としていると、どのようなことが起きてしまうのかと言うと・・・・

例えば、ある男性が、婚活をして32歳の女性と付き合いはじめるとします。

32歳の時点であれば、ギリギリ安全に出産できる年齢ではありますが、「付き合ってから~結婚~出産までの期間」をプラスするわけですから、その女性が出産するのは早くても35歳ぐらいになり、「高齢出産」になってしまうわけです。

つまり、子供がほしいのであれば、相手の女性と出会った時点の年齢だけでなく、「付き合ってから~結婚~出産までの期間」もしっかりと加味して考慮するべきなのです。

ですから、くどいようですが、我々男性としては、子供がほしいのであれば、20代以下の女性を選ぶべきなのです。

 

③付き合ってからも結婚してからも日常的にスキンシップを心がける

これは、婚活時だけでなく、付き合ってからや結婚してからにも関わるポイントです。

やはり、いくら相手の女性が安全に出産できる年齢であっても、子供をつくるための行為自体が無かったり、極端に少なければ、いつまでも子供をつくることができません。

しかしながら、日本人女性の中には未だに、大好きな彼氏や旦那が相手であっても、恥ずかしくて自分からキスしたり体を求めることができないという人が結構多いのです。

ですから、付き合う前だけでなく、付き合ってからも結婚してからも、我々の男性の方から、日常的にスキンシップを仕掛けてあげるべきなのです。

日常的にスキンシップをしていれば、子供をつくる行為が極端に少なくなるようなことは無くなり、やがて、無事子供を授かることができるわけです。

以上、子供がほしい男性が婚活の時点から注意するべき3つのポイント、についてお話しました。

 

あなたも子供がほしいのであれば、3つのポイントをおさえて婚活しよう

今回のお話いかがでしたでしょうか?

おさらいしますと、子供がほしい男性が婚活の時点から注意するべき3つのポイント、は以下の通りになります。

 

①相手の女性が安全に出産ができる年齢なのか考慮する

②付き合ってから~結婚~出産までの期間を考慮する

③付き合ってからも結婚してからも日常的にスキンシップを心がける

 

我々男性は、婚活の時点からこれらのポイントをしっかりとふまえておくことにより、結婚してから無事子供を授かり、幸せな家庭を築くことができるというわけです。

ということで、ぜなあなたも、結婚したら子供がほしいと考えているのであれば、今回のお話をしっかりとふまえて婚活をしていきましょう。