職場に女性がおらず出会いが無く、平日休みなので出会いの場へも行けない・・・

161116a

あるリサーチ会社がを日本人の男女を対象に「あなたはどこで恋人や結婚相手と出会いましたか?」というアンケート行ったところ、最も多かったのが「学校・職場」という回答だったそうです。

つまり、それだけ多くの日本人は、学生時代の同級生や職場の同僚と、付き合ったり、結婚しているというわけです。

やはり、学校や職場というのは、お互い毎日のように顔を合わせる空間なので、そこで出会いがあれば、特に恋愛のスキルが無くても、自然と仲を深められるということでしょう。

しかしながら、人によっては、学校や職場には出会いが無いという人もいるわけです。

社会人男性であれば、職場に若い女性がいなかったり、そもそも女性が全くいないということもあるわけです。

あなたは職場で出会いがあるでしょうか?

何を隠そう私自身も、女性と言えば50代のオバちゃんしかいないような、全く出会いの無い職場で働いています(笑)

そうなると、外の出会いの場に行って、自ら出会いを増やすしかないわけです。

さて、そんな職場で全く出会いという読者の方から、以下のご質問をいただきました。

user1

【質問内容】

はじめまして。ネット検索していたら、このサイトにたどり着きました。

私は現在31歳で、工場での交代勤務をしているため、職場には女性がいません。
また、休みもバラバラなので、中々、出会いの場に出向く時間がありません。
(月10日休みがあるうち、7日ぐらいは平日です。)

20代後半に結婚を考えた彼女と別れてしまい、それからさっぱりと言った感じです。

もちろん、当時は気持ちを切り替えて、新しい出会いをと頑張りました。

当時は、土日休みの勤務でしたし、友達と出会いパーティーに行ってみたり…。
デートとかもしてましたが、イマイチ好みの女性に出会えず、逆に虚しくなって自己嫌悪の繰りかえしでした。。。

最近になってからは、平日休みが多いため、ネットの出会いもやってみましたが、仕事の関係で、休みが上手く女性と合わず、フェードアウトすることもしばしば…ネットは瞬発力がないとダメだと痛感しました。

あと、中途半端な地方都市に住んでいるので、更に悪循環に拍車をかけている感じです。

いずれにせよ、私にとってはネットの出会いに活路を見出すしか無いので、今度はブライダルネットかユーブライドに登録してみようと考えています。

そこで質問なのですが、私のような職場が平日休みが多い男が、婚活サイトで彼女をつくるためのコツみたいなものはあるのでしょうか?

差し支えなければ、お返事いただけると幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この読者の方は、職場で全く出会いが無いことに加えて、平日休みが多いため、外で出会いをつくろうにも、出会いの場が限られているわけです。

やはり、パーティーや合コンなどの出会いのイベントは、土日や祝日に開催されることが多いですからね。

そうなると、いつでも活動することができるネットの出会いというものが有効になってくるわけです。

この読者の方は、一度ネットの出会いに挑戦するも、うまくいなかったようですが、職場が平日休みの男性であっても、婚活サイトで可愛い彼女をつくることは全く可能なことです。

 

そこで今回は、職場が平日休みの男性が婚活サイトで彼女をつくるための4つのポイント、と題してお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、婚活サイトで可愛い彼女をつくるにあたっての参考にしてみてください。

 

職場が平日休みの男性が婚活サイトで彼女をつくるための4つのポイント

 

それでは早速ですが、職場が平日休みの男性が婚活サイトで彼女をつくるための4つのポイント、とは以下の通りです。

 

①なるべく多くの彼女候補をつくって同時並行でアプローチしていく

②同じく平日休みの女性もターゲットにする

③仕事の後の夜の時間帯も上手に活用してデートをする

④なるべく短期間で女性を落とすために、「明確な目的」をもってアプローチしていく

 

これらのポイントをしっかりとふまえることにより、職場が平日休みの男性であっても、婚活サイトで可愛い彼女をつくることができるわけです。

では、1つ1つのポイントについて、解説していきましょう。

 

①なるべく多くの彼女候補をつくって同時並行でアプローチしていく

この読者の方は、ネットの出会いに挑戦してみたものの、仕事の都合上、女性と休みが合わず、関係がフェードアウトしてしまったとのことですが、そうであれば、はじめから一定数の女性は脱落していくことを見越した上で、なるべく多くの彼女候補をつくって同時並行でアプローチしていけば良いわけです。

これにより、アプローチの過程で何人かの女性と関係がフェードアウトしたとしても、最終的に1人の可愛い彼女を手に入れることができるわけです。

具体的には、4~5人ぐらいのお気に入りの女性とデートができるぐらいの関係になっておくことです。

そして、4~5人の彼女候補の女性をつくるためには、以下の記事でもお話しましたように、はじめは条件に合う女性200人ぐらいを検索して、一斉にコピペメールを送ります。

婚活サイトの女性会員検索において重要なこと

条件に合う女性200人ぐらいにコピペメールを送ったら、だいたいそのうちの40人ぐらいの女性から返信があるので、メッセージのやりとりをしていって、さらにその中の10人ぐらいの女性と実際に会って、そこから彼女候補を絞り込んでいくわけです。

この読者の方は、地方都市にお住まいとのことですが、ブライダルネットであれば、アクティブな活動会員数が20万人以上(女性は10万人以上)いますので、人口が極端に少ないエリアでもない限り、住所が近い女性の中から、じゅうぶん彼女候補をつくることができます。

もし物足りないというのであれば、ブライダルネットとユーブライドと併用しても良いでしょう。

ブライダルネットとユーブライドを併用すると月額6000円程度の料金にはなりますが、パーティーは1回の参加費だけで6000円ぐらいかかりますから、それに比べれば圧倒的にコストパフォーマンスも良いわけですからね。

ということで、なかなか女性と休みのタイミングが合わないのであれば、一定数の女性は脱落していくことを見越した上で、4~5人の彼女候補をつくって、同時並行でアプローチしていくことが大事です。

 

②同じく平日休みの女性もターゲットにする

婚活サイトには、身近では出会いが無い女性が多く登録しているわけですから、当然、その中には職場が平日休みの女性も数多く存在します。

職場が平日休みの女性としては、美容師、看護師、介護士、保育士、デパート販売員、ショップ店員、飲食店店員などが挙げられます。(もちろん、これらの職場の女性であっても、土日休みの場合もあります。)

そして、このような職場が平日休みの女性というのは、むしろ、土日休みの男性とよりも、平日休みの男性との方が、予定が合わせやすかったりします。

また、職場が平日休みの女性というのは、自分自身がそうであるため、職場が平日休みである男性に対して、理解があったり、色々と融通してくれたりするわけです。

ですから、職場が平日休みである男性は、美容師、看護師、介護士、保育士、デパート販売員、ショップ店員、飲食店店員、などといった同じく職場が平日休みの女性もターゲットにしてみると良いです。

 

③仕事の後の夜の時間帯も上手に活用してデートをする

デートの日程の合わせ方としては、お互いが休日である日に限らず、仕事の後の夜の時間帯だけ会うという形であっても、二人の仲を深めていくことは可能です。

これにより、間隔を空けすぎずにデートをすることができるわけです。

仕事の後の夜の時間帯の2~3時間だけ食事をしたりお酒を飲むようなデートであってもしっかりと「思わせぶりな発言」をしたり、「スキンシップ」を仕掛けていけば、じゅうぶんに女性の恋愛感情を高めて、二人の関係を進展させることはできるわけです。

ということで、可能なのであれば、お互いが休日の日だけにこだわらず、仕事の後の夜の時間帯なども有効活用して、間を空けすぎずにデートをして仲を深めていきましょう。

 

④なるべく短期間で女性を落とすために、「明確な目的」をもってアプローチしていく

女性というのは、こちらのことが一度好きになってしまえば、こちらの様々な事情を理解してくれたり、それに合わせようと協力してくれるものです。

なので、とりあえず女性を落としてしまえば、こちらが職場が平日休みであっても、女性の方も、何とかその弊害を乗り越えようと積極的に協力してくれるようになるわけです。

そのためにも、なるべく短期間で女性を落とした方が良いわけです。

この読者の方も「ネットは瞬発力がないとダメだと痛感しました。」と、おっしゃていますが、婚活サイトの女性にアプローチしていくにあたっては、ダラダラとやりとりしていないで、なるべく短期間で女性を落とした方が良いということをお感じになったのだと思います。

そして、婚活サイトの女性をなるべく短期間で落とすためには、以下の記事でもお話しましたように、いつまでもダラダラとサイト内でメッセージのやりとりをしていないで、メッセージの数としては”5~10往復程度”、日数としては”5~20日間程度”やりとりしたら、しっかりとデートに誘い出していくべきなのです。

婚活サイトの女性をデートに誘い出すベストなタイミングとは!?

さらに、デートに誘い出したら、以下の記事でもお話しましたように、初デート:「手をつなぐ」⇒2回目のデート:「キスをする」⇒3回目のデート:「体の関係を持つ」と、いったように、デートを重ねるたびに深いスキンシップへステップアップさせていくことにより、確実に二人の関係を進展させていくことができるわけです。

女性の身も心も手に入れる悪魔のスキンシップ17ステップ

つまり、サイト内でのメッセージのやりとりにしろ、各回のデートでやるべきことにしろ、それぞれ「明確な目的」をもってのぞむことによって、より短期間で女性を落とせるというわけです。

ということで、なるべく短期間で女性を落とせるよう、メッセージのやりとりにおいては「女性をデートに誘い出す」、初デートでは「手をつなぐ」、2回目のデートでは「キスをする」、3回目のデートでは「体の関係を持つ」、などといったように、「明確な目的」を持って、アプローチしていくようにしましょう。

以上、職場が平日休みの男性が婚活サイトで彼女をつくるための4つのポイント、についてお話しました。

 

まとめ

今回のお話いかがでしたでしょうか?

おさらいしますと、職場が平日休みの男性が婚活サイトで彼女をつくるための4つのポイント、とは以下の通りです。

 

①なるべく多くの彼女候補をつくって同時並行でアプローチしていく

②同じく平日休みの女性もターゲットにする

③仕事の後の夜の時間帯も上手に活用してデートをする

④なるべく短期間で女性を落とすために、「明確な目的」をもってアプローチしていく

 

これらのポイントをしっかりとふまえることにより、職場が平日休みの男性であっても、婚活サイトで可愛い彼女をつくることができるわけです。

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、婚活サイトで可愛い彼女をつくるにあたっての参考にしてみてください。