出会い系サイトで出会った女性が、実は既婚者だった・・・

161201a

当ブログは、本気で彼女や結婚相手となる女性をつくりたい独身男性向けのものです。

ですから、当然のことながら、我々がターゲットにする女性は、「既婚女性」ではなく、「独身女性」になるわけです。

もちろん、あなたも、彼女や結婚相手となる女性をつくるにあたっては、ターゲットにする女性は、「既婚女性」ではなく、「独身女性」ですよね?

しかしながら中には、様々な成り行きで、「既婚女性」を好きになってしまう男性もいるわけです。

何を隠そう、私自身もかつて、既婚女性を好きになったことがありました。

さて、そんな既婚女性を好きになってしまったという読者の方から、以下のご質問をいただきました。

user1

【質問内容】

ユウ様、いつもブログを楽しみにしております。
突然ではありますが、相談がありメールさせていただきました。

私は今、出会い系サイトで出会ったある女性と4回ほど食事やデートに行ったのですが、いよいよ付き合うかと考えていた時に、彼女から既婚者であることを告げられました。(二人の間に子供はいないようです。)

それまで彼女が人妻だなんで思ってもみなかったので、それを告げられた瞬間はかなりショックでした。

しかし、私としては「この人しかない」と思えるほど、彼女の容姿も性格も好みですし、彼女の方も私にかなり好意を寄せていくれている感じで、「今の旦那とは別れる」とも言ってくれています。

なので、何とか彼女と付き合えればと考えています。
将来的には結婚したいとも思っています。

既婚者の女性と付き合うにあたって、何かうまい方法はあるでしょうか?

重い相談になってしまいましたが、アドバイスをいただけると嬉しいです。

この読者の方は、出会い系サイトでお相手の女性と出会ったとのことですが、おそらく、「婚活サイト」ではなく、「恋活系サイト」をご利用になっていたのだと思います。

やはり、はっきりと「婚活」とうたっていないサイトですと、どうしても浮気・不倫目的の既婚女性が紛れ込みやすくなります。

そうなると、この読者の方のように「好きになった女性が。実は人妻だった」なんて事態になる可能性もあるわけです。

では一体、この読者の方はどうすれば良いのでしょうか?

そこで今回は、この読者の方のご質問にお答えする形で、私なりの見解をお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、彼女や結婚相手の女性をつくるにあたっての参考にしてみてください。

 

同じ略奪愛であっても、相手が独身者の場合と既婚者の場合とでは、全く意味が違う

まず、結論から申しますと、この読者の方は、今すぐお相手の女性から手を引くべきです。

なぜなら、夫婦にはお互いに「貞操義務」というものがあり、これに反して婚姻関係以外の異性と関係を持った場合「不貞行為」となり、立派な民法上の「不法行為」となるからです。

そうなると、不倫をされた方は、不倫をした方に対して、離婚請求や慰謝料請求などができるわけです。

さらに、不倫相手の異性に対しても、慰謝料請求ができるわけです。

つまり、この読者の方がお相手が既婚女性と知っていて関係を持ち、それが相手の旦那に見つかった場合、裁判沙汰になり、莫大な慰謝料を請求されるわけです。(一般的に、不倫による慰謝料の相場は、200万円~300万円と言われています。)

これが、相手が彼氏持ちの独身女性であれば、略奪愛をしても、婚約でもしていない限り特に法的拘束力は無いので、ここまで大事には至りません。

ですが、相手が既婚女性であれば、同じ略奪愛であっても、全く意味が違ってくるわけです。

実際、私の友人でも出会い系サイトで出会った人妻の女性と不倫していた男がいたのですが、相手の旦那に発覚した時の、彼の顔面蒼白の表情は、今でも忘れません。

彼は、相手の女性からの夫にバレたというメールを見て、真っ青な顔になり、「うわー、俺どうしよう、マジでどうしよう、本当にバカなことやってしまった」などと、狼狽しまくっていました。

結局、相手の女性が旦那に謝罪することで、事は収まり、慰謝料を請求されることは無かったのですが、彼が最後に相手の女性に会った時、彼女は旦那にこってり絞られたようで、顔面あざだらけだったそうです。

ドラマや小説の影響なのか、不倫がまるで1つの恋愛の定番みたいに認識している人もいるよですが、決して軽はずみな気持ちでやるべきことは無いのです。

なので、悪い事は言わないので、この読者の方も、今すぐお相手の既婚女性から手を引いてください。

今現在、この読者の方がお相手の女性とどこまで関係を持っているのかはわかりませんが、それまでは既婚者であることを知らなかったわけですから、今手を引けば「知らなかった」で済むことで、仮に旦那にバレても、慰謝料を請求されることもありません。

お相手の女性に対して、「俺は既婚者と関係を持つことはできから、もう会うことはできない。」などと、こちらが正論を言えば、簡単に距離を置くことができます。

そして今後は、彼女や結婚相手の女性とつくりたいのであれば、婚活サイトなど、明らかに独身者限定の出会いの場に行くことをおすすめします。

出会いさえ増やして、正しくアプローチをしていけば、必ず今のお相手以上に魅力的な女性を手に入れることができますので、安心してください。

以上、ご参考になれば幸いです。

相手が既婚女性とわかったら、絶対に手を出さない