婚活サイトの女性にノリノリでアプローチしたら、「重すぎて期待に応えららません」と言われた

婚活サイトに登録している女性というのは、真剣に彼氏や結婚相手となる男性を求めている子が大半です。

なので、我々男性としては、婚活サイトのお気に入りの女性に正しくアプローチしていけば、スムーズに、二人が付き合うことができたり、結婚の話になったりするわけです。

しかしながら、いくら婚活サイトの女性達が真剣に彼氏や結婚相手の男性と求めているとはいえ、こちらが間違ったアプローチをしてしまったら、実るべき恋も実らずに終わってしまうわけです。

あなたは、婚活サイトのお気に入りの女性に対して、正しいアプローチができているでしょうか?

さて、そんな婚活サイトの女性へのアプローチに関連して、読者の方から以下のご質問をいただきました。

【質問内容】

こんばんわ、私は婚活サイトで婚活をしている36歳の男です。

婚活サイトの女性とのデートでのことなのですが、どれぐらい積極的に行けばいいのか判断しかねています。

私としては非常にのりのりで積極的にアプローチしたいのですが、過去2回ほど、のりのりでアプローチして、「重すぎで期待に応えられません」と言われたことがあって、悩んでいます。

その2人の女性は24歳と25歳ということで若めの相手でした。二人とも食事の前は結婚の話も前向きに話していてくれたのですが、私が食事中にがっつきすぎたようです。

今度初デートする女性は29歳ということで、乗ってきてくれるのではないか?
という期待を持っているのですが、どうでしょうか?

食事を誘った際のラインはノリノリの感じに見えます。(ただ、前述の25歳の子もラインではノリノリの感じでした)

可能であれば結婚前提におつきあいしてくださいと言うところまで切り出したいです。(早すぎでしょうか?)

この読者の方は、本当に真剣に結婚を考えているからこそ、ついつい女性にガツガツ行ってしまうのでしょう。

ですが、毎回この調子ですと、いつまでもお気に入りの女性と関係を進展させることはできません。

そこで今回は、この読者の方のご質問にお答えする形でお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、婚活サイトのお気に入りの女性にアプローチしていくにあたっての参考にしてみてください。

 

ガツガツして余裕の無い言動をしてしまうと、恋愛対象外にされてしまう

まず、この読者の方がこれまでの2人の女性へのアプローチが失敗した原因についてですが、これについては、女性の「重すぎで期待に応えられません」という言葉がその答えです。

この読者の方が、デート中に具体的にどのような言動をしたのかはわかりませんが、ご自身でもおわかりの通り、ガツガツしすぎて余裕の無い行動をしてしまい、その結果、女性から「重い」と思われ、恋愛対象外とされてしまったわけです。

いくら真剣の出会いを求めている婚活サイトの女性が相手とはいえ、初デートの時点では、こちらに多少の興味や関心は持っているかもしれませんが、まだ異性としての好意までは持っていないことがほとんどなわけです。

女性というのは、我々男性に比べると、恋愛感情が芽生えるのに時間がかかりますからね。

ですから、我々男性としては、相手の女性のこちらへのテンションを理解し、それに合わせてあげることによりバランスが取れるわけです。

ところが、相手のテンションを無視して、こちらが一方的に好意丸出しでガッツいてしまったら、女性からすれば「重い」と感じていしまうわけです。

なので、初デートで結婚を前提に付き合いたいことを伝えることもNGです。

いくら結婚願望がある女性とはいえ、初対面の男性からそんなこと言われたら、「重い」と感じたり、「余裕の無い人」などと思われてしまいます。

そもそも、結婚の話をする前に、まずは二人が付き合う必要があるわけですからね。

以下の記事でもお話しましたように、二人が付き合うのは大体2~3回以上デートを重ねてからのことですからね。

デートで女性を落とすまでの流れ

結婚の話を切り出すのは、二人が付き合ってからで良いわけですから、初デートで結婚を前提で付き合いたいなんてことを切り出す必要は無いわけです。

ということで、今回のお話をまとめますと、この読者の方としては、今後婚活サイトのお気入りの女性にアプローチしていくにあたっては、あくまでも初対面の時点では相手はまだこちらに恋愛感情が無いと思って、ガツガツしないで相手と同じぐらいのテンションで接するようにしてください。

そして、結婚を前提に付き合いたいことを伝えることに関しても、いきなり初デートで切り出すのではなく、2~3回以上デートを重ねて二人が付き合ってからでも、全然遅くはないわけです。

好きな女性にアプローチしていくにあたっては、「こちらが相手を追いかける関係」ではなく「相手がこちらを追いかける関係」を構築することが大切です。

以上、ご参考になれば幸いです。