共通の友人や知人がいない出会い方では、付き合ってから長続きしない!?

恋愛や婚活というものは、好きな女性にアプローチして付き合うまでの間だけではなく、当然のことながら、付き合ってからの二人の関係構築も重要になってくるわけです。

このブログをご覧のあなたは、将来的に結婚を見据えているのでしょうから、二人が付き合ってからの関係構築が重要なのは尚のことですよね?

そして、二人が付き合ってから良好な関係を構築していくにあたって、助けとなるのが”共通の友人や知人”の存在です。

なぜなら、共通の友人や知人がいれば、二人の間での共通の話題にもなりますし、第三者から二人が恋人同士であることを認識されることにより、改めて二人が付き合っていることを実感できるからです。

また、仮に二人の関係が壊れそうになった時であっても、共通の友人や知人を介して、関係が修復できることもあるわけです。

なので、二人が付き合ってから良好な関係を構築していくにあたっては、ぜひとも”共通の友人や知人”をつくっておくべきなのです。

しかしながら、婚活サイト含めネットの出会いというのは、基本的には、はじめは1対1で会うことになるので、“共通の友人や知人”がいない状態で出会うことになります。

このことに関連して、読者の方から以下のご質問をいただきました。

【質問内容】

突然のメール失礼いたします。

私は今34歳なのですが、なかなか出会いがありません。

こちらのブログを見て婚活サイトに興味を持ったのですが、不安な点があります。

というのは、ネットの出会いというのは、知り合いなどがいない状態で出会うので、つながりが弱く、あまり長続きしないようなイメージもあります。

そもそも、付き合ってから周りに馴れ初めを聞かれた時に、何て言ったら良いのかわかりません。

この読者の方のように、”共通の友人や知人”がいない状態での出会いに、不安を感じている方は結構多いかもしれません。

また、ネットの出会いの場合は、周囲に馴れ初めを言いづらいという人も多いでしょう。

ひょっとしたらあなたも、婚活サイトでの出会いに関して、この読者の方と同じような不安があるでしょうか?

そこで今回は、この読者の方のご質問にお答えする形で、ネットの出会いは共通の友人や知人がいない出会い方なのでうまくいかないのか!?ということについて、私自身の経験を交えながらお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、婚活をすすめていくにあたっての参考にしていただければと思います。

 

ネットの出会いは共通の友人や知人がいない出会い方なのでうまくいかないのか!?

まず結論から申しますと、

ネットの出会いの様に”共通の友人や知人”がいない状態で出会った場合であっても、二人が付き合ってから良好な関係を構築していくことは全然可能なことです。

冒頭でもお話しました通り、二人が付き合ってから良好な関係を構築していくにあたっては、”共通の友人や知人”の存在は助けとなります。

しかしながら、”共通の友人や知人”がいない状態で出会った場合であっても、付き合ってから、”共通の友人や知人”をつくっていくこともできるわけです。

例えば、あなたの友達の集まりに彼女を連れていったり、逆に彼女の友達の集まりに誘われてあなたが顔を出すことにより、自然と”共通の友人”は、できていくものです。

また、彼女の両親や家族に挨拶する機会があったり、あなたの両親や家族に彼女を会わせる機会があれば、それもまた”共通の知人”になるわけです。

ちなみに、以下の記事でもお話しましたように、結婚を見据えているのであれば、特に彼女の母親に気に入られておくことは重要です。

あなたが彼女と確実に結婚するための”キーパーソン”とは!?

ですから、付き合った後からでも”共通の友人や知人”はつくれるわけですから、出会った時点で”共通の友人や知人”がいるかいないかは、大した問題にはならないわけです。

そして、二人がネットで出会ったことを周囲に言いづらいのであれば、以下の記事でもお話しました通り、「友人の紹介で出会った」みたいな無難な設定にして、二人で口裏を合わせておけば、全く問題ありません。

ネットで出会ったことを周りに言いたくない場合の対処法

これに対して、「え?友人って誰の紹介?」などと、深く詮索していくる人はまずいません。

実際、私自身も「友人の紹介で知り合った」と周りに言ってきましたが、それ以上詮索されたことは一度もありませんでした。

行動範囲が狭い学生同士のカップルならともかく、社会人同士のカップルがどこでどう出会ったかなんて、他人からはわかりません。

どんなに仲の良い親友同士であっても、昔の学友、職場の仲間、趣味の仲間、などなど、相手のすべての交友関係を把握できるわけではありませんからね。

その紹介してくれたという”架空の友人”については、海外転勤などで疎遠になってしまったことにすれば、結婚式などに呼ばなくても何ら不自然ではありませんからね。

ということで、今回のお話をまとめますと、ネットの出会いの様に”共通の友人や知人”がいない状態で出会った場合であっても、二人が付き合ってから良好な関係を構築していくことは全然可能なことです。

そして、二人がネットで出会ったことを周囲に言いづらいのであれば、「友人の紹介で出会った」みたいな無難な設定にしておいて、二人で口裏を合わせておけば、全く問題ありません。

なので、この読者の方も、ぜひとも安心してネット婚活をして、ステキなお相手の女性をゲットしてください。

ただ「出会いが無い」と嘆いているだけでは、何も状況は変わりませんからね。

以上、ご参考になれば幸いです。