多くの男性が、知らず知らずのうちに女性からドン引きされるメッセージを送っている

婚活サイトの出会いにおいては、当然のことながら、最初はサイト上でのメッセージのやりとりからはじまります。

なので、まずはサイト上でのメッセージのやりとりで、女性からの信頼を得る必要がるわけです。

しかしながら、婚活サイトを利用している多くの男性が、知らず知らずのうちに女性からドン引きされるようなメッセージを送ってしまい、その結果、返信をもらえなくなり音信不通になってしまっています。

あなたは、どのようなメッセージを送ったら女性からドン引きされてしまうか、理解しているでしょうか?

・・・・・・・。

そこで今回は、婚活サイトの女性に送ったらドン引きされる13のメッセージ事例と題して、多くの男性が知らず知らずのうちに送ってしまうNGなメッセージについてお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、婚活サイトのお気入りの女性とメッセージのやりとりする際の参考にしてみてください。

 

婚活サイトの女性に送ったらドン引きされる13のメッセージ事例

それでは早速ですが、婚活サイトの女性に送ったらドン引きされる13のメッセージ事例とは以下の通りです。

 

①女性からメッセージをもらったら毎回即返信する

②女性から返信が来ない間に2通3通と送る

③1日に何通もメッセージを送る

④勤務時間中にメッセージを送る

⑤毎日その日あった出来事を報告する日記のようなメッセージを送る

⑥「おはよう」や「おやすみ」のメッセージを毎日欠かさず送る

⑦いきなりデートに誘う

⑧いきなり直接の連絡先を聞く

⑨自分の話ばかりしている

⑩下ネタやエロ話をメッセージ送る

⑪好意丸出しのメッセージを送る

⑫告白のメッセージを送る

⑬デートの約束をした後も特に用も無いのメッセージを送る

 

婚活サイトを利用している多くの男性が、知らず知らずのうちにこの様なメッセージを送って女性からドン引きされてしまい、その結果、返信をもらえなくなり音信不通になってしまっているわけです。

あなたにも心あたりはありませんか?

ですから、婚活サイトのお気入りの女性に対しては、このようなメッセージを送るのは絶対にNGです。

では、1つ1つの事例について、解説していきましょう。

 

①女性からメッセージをもらったら毎回即返信する

お気に入りの女性からメッセージが送られてきたら、嬉しさのあまり毎回即返信してしまう男性がいますが、女性からすれば、毎回毎回ものの数分で返信が来たら「この人毎回返信が異様に早いけど、私もすぐに返信しなくちゃいけないのかな?なんか、疲れる・・・。」などとやりとり自体を重荷に感じてしまうわけです。

また、毎回即返信していたら、ガツガツして余裕の無い感じに見られてしまいますし、女性を必死に追いかけているような感じになってしまい、女性より下の立場になりやすいわけです。

一般的に女性は、自分より下の存在と思える男性に対しては、異性としての価値を感じることができないため、恋愛対象外とみなしますからね。

ですから、女性に重荷に感じさせないためにも、女性より下の立場にならないためにも、すぐに返信するのではなく、ある程度時間を空けてから返信するべきなのです。

例えば、女性から夜の時間にメッセージが送られてきたのであれば、返信はその翌日の朝の時間や夜の時間ぐらいでも良いのです。

 

②女性から返信が来ない間に2通3通と送る

お気に入りの女性から返信が来ないと、その間いてもたってもいられなくなって、「どうして返信くれないの?」とか「俺のこと嫌いになったの?」などと、2通も3通も立て続けに送ってしまう男性がいます。

女性からすれば、そんなガツガツして余裕の無い男性は、当然のことながら恋愛対象外とみなります。

社会人女性であれば、仕事が忙しくてサイトにログインできない日もあるわけですからね。

ですから、女性から返信が来ない間は、こちらからメッセージを送らずに、「仕事で忙しいのかな?」ぐらいに思って、しっかりと待つようにしましょう。

 

③1日に何通もメッセージを送る

婚活サイトのお気に入りの女性に対して、1日に何通もメッセージを送ってしまう男性がいますが、これも女性からすれば、ガツガツした余裕の無い男と思われてしまうわけです。

以下の記事でもお話しましたように、婚活サイトの女性とのメッセージのやりとりの頻度としては、1日1往復程度のやりとりでじゅうぶんなのです。

婚活サイトの女性にメッセージを送る頻度は1日1回で大丈夫なのか!?

 

④勤務時間中にメッセージを送る

社会人であれば、平日の8時~12時、13時~17時ぐらいの時間帯は、勤務時間である人が多いわけです。

なので、それらの明らかに勤務時間である時間帯にメッセージを送ってしまうと、女性から「この人、ちゃんと仕事してるの?」とか「この人、仕事できなそう・・・。」などと思われてしまう可能性があるわけです。

女性は仕事がデキる男性には魅力を感じますが、仕事がデキない男性には価値を感じないものです。

ですから、婚活サイトの女性にメッセージを送る時間帯としては、朝の通勤時間、昼休みの時間、帰宅後の時間など、必ず勤務時間外にしましょう。

 

⑤毎日その日あった出来事を報告する日記のようなメッセージを送る

特に話すネタが無かったり、無理に間をつなごうとして、毎日その日あった出来事を報告する日記のようなメッセージを送る男性がいます。

女性からすれば、まだ直接会ったことも無い男性から、毎日毎日日記のようなメッセージが送られてきたところで、なんて返信すれば良いのかがわかりません。

また、サイト上でメッセージのやりとりをしている時点というのは、女性はこちらに多少の興味や関心はあるかもしれませんが、まだ異性としての好意までは持っていないわけです。

女性からすれば、彼氏や好きな男性からならともかく、まだ好きでもない男性から毎日毎日日記のようまメッセージを送られてきたところで、面白くとも何とも無いわけです。

この時点においては、自分のことばかり話すのではなく、相手の女性にスポットライトを当てて、相手が興味がありそうな話題をふってあげて、そして相手の話を聞いてあげるという姿勢が大切です。

 

⑥「おはよう」や「おやすみ」のメッセージを毎日欠かさず送る

女性からすれば、彼氏や好きな男性からならともかく、まだ直接会ったこともない男性から、毎日欠かさず「おはよう」や「おやすみ」のメッセージが送られてきたら、「重い」と感じてしまうわけです。

まだ彼氏でも無いのに、毎日「おはよう」や「おやすみ」のメッセージを送る必要なんてありません。

 

⑦いきなりデートに誘う

婚活サイトにおいては、デートに誘うタイミングがあまりに早すぎると、女性から警戒されて断られてしまいます。

ですから、以下の記事でもお話しましたように、メッセージの数としては、5~10往復程度、日数としては、5~20日程度、やりとりしていから、デートに誘い出しましょう。

婚活サイトの女性をデートに誘い出すベストなタイミングとは!?

 

⑧いきなり直接の連絡先を聞く

婚活サイトの女性と関係を進展させるためには、サイト上でのメッセージのやりとりから、メールやLINE、電話番号などの直接の連絡先でのやりとりへ、シフトさせていく必要があります。

やはり、メールやLINE、電話番号などの直接の連絡先の方が、よりパーソナルな連絡先になるわけですからね。

しかしながら、婚活サイトにおいて、いきなり理由も無く直接の連絡先を聞き出そうとしたら、女性から警戒されて断られてしまうものです。

ですから、以下の記事でもお話しましたように、婚活サイトの女性から無理なく直接の連絡先を聞き出すためには、デートに誘い出した時、待ち合わせのための連絡手段として、まず先にこちらの連絡先を教えれば良いわけです。

婚活サイトの女性の連絡先を、無理なく自然な流れで聞き出す方法

デートの待ち合わせ時の連絡手段としてであれば、直接の連絡先でやりとりする理由が出てくるわけですからね。

そして、こちらから先に連絡先を提示すれば、多くの女性は自分の直接の連絡先を提示してくるものです。

もし、万が一この時点で女性が直接の連絡先を提示してこなくても、デート後に「ごちそうさま」メールを送ってくるので、いずれ連絡先は半明するものです。

つまり、こちらから積極的に連絡先を聞き出そうとしなくても、デートに誘い出すタイミングや、待ち合わせのタイミング、初デート後のタイミングなどのプロセスの中で、自然と相手の女性の連絡先は判明するものなのです。

ちなみに、ブライダルネットであれば、独自メッセージシステムの「もっと話そう機能」により、自動的に相手の女性の本名と直接の連絡先を教えてもらうことができるので、我々男性としては、より手間が省けて楽に連絡先交換をすることができます。

 

⑨自分の話ばかりしている

自分のことを相手の女性にアピールしたいがために、自分の話ばかりする男性がいます。

しかしながら、⑤のポイントでもお話しましたように、サイト上でメッセージのやりとりをしている時点においては、女性はこちらに多少の興味や関心はあるかもしれませんが、まだ異性としての好意までは持っていないわけです。

女性からすれば、彼氏や好きな男性からならともかく、まだ好きでもない男性から自分のことばかりベラベラ話をされたことろで、面白くとも何とも無いわけです。

くどいようですが、この時点においては、自分のことばかり話すのではなく、相手の女性にスポットライトを当てて、相手の興味がありそうな話題をふってあげて、そして相手の話を聞いてあげるという姿勢が大切です。

 

⑩下ネタやエロ話をメッセージ送る

女性との仲を深めるためには、適度な下ネタやエロ話も有効です。

しかしながら、以下の記事でもお話しましたように、婚活サイトの女性というのは、真面目な女性や恋愛経験が少ない女性が多く、下ネタやエロ話に慣れていなくて、抵抗がある子もいるので、引かれてしまう可能性があります。

婚活サイトの女性には、下ネタやエロ話はしてはいけないのか!?

ですから、サイト上でメッセージのやりとりをしている時点においては、下ネタやエロ話は控えたほうが良いです。

尚、直接会っているデートの場面であれば、適度な下ネタやエロ話なら仲が深まるのでOKです。

 

⑪好意丸出しのメッセージを送る

相手の女性のプロフィール写真を見て、自分の好みだったりすると、「○○さんは、ホント可愛いですね」とか「結構タイプです」などと、あからさまに好意丸出しのメッセージを送ってしまう男性がいます。

先ほどもお話しましたが、女性はまだ直接会ってもいない男性に対しては、異性としての好意を持つということはほとんど無いわけです。

つまり、サイト上のやりとりの時点で好意丸出しのメッセージを送ったら、こちらだけ一方的に好意を伝える形になってしまうので、女性から「重い」などと思われてしまい、恋愛対象外とされてしまうわけです。

ですから、この様なメッセージを送るのもNGです。

 

⑫告白のメッセージを送る

婚活サイトを利用している男性の中には、サイト上のメッセージのやりとりの時点で告白してしまう人もいるようです。

先ほどもお話しましたように、あからさまに好意丸出しのメッセージを送るのもNGなわけですから、当然のことながら、告白のメッセージを送るなんてもってのほかです。

 

⑬デートの約束をした後も特に用も無いのメッセージを送る

婚活サイトの女性との関係を進展させるためには、必ずデートに誘い出す必要があります。

なので、婚活サイトの女性とメッセージのやりとりするにあたっての最大の目的は、初デートの約束をすることになるわけです。

しかしながら、婚活サイトを利用している男性の中には、相手の女性と初デートの約束をした後も、デート当日までの間、無理に間をつなごうと、特に用も無いのに毎日メッセージを送っている男性がいます。

女性からすれば、いくらデートの誘いに応じたと言っても、直接会ったこともない男性に対しては、まだ異性としての好意は待っていないわけです。

そんなまだ好きでもない男性から、特に用も無いのに毎日メッセージ送られてきたことろで、女性は「重い」とか「迷惑」などと、感じてしまうわけです。

そうなると、以下の記事でもお話しましたように、女性がデートをドタキャンしてくることもあるわけです。

婚活サイトの女性と初デートの約束をしたのにドタキャンされてしまう理由

ですから、上記の記事にもありますように、婚活サイトの女性と初デートの約束ができたら、後はデート当日の2~3日前に待ち合わせの連絡をするぐらいで、余計な連絡はするべきではないのです。

女性と直接会う約束ができた以上は、無理に間をつなごうとメッセージを送る必要など無いわけです。

以上、婚活サイトの女性に送ったらドン引きされる13のメッセージ事例についてお話しました。

 

あなたも婚活サイトの女性と上手にメッセージのやりとりをしていこう

今回のお話いかがでしたでしょうか?

おさらいしますと、婚活サイトの女性に送ったらドン引きされる13のメッセージ事例とは以下の通りです。

 

①女性からメッセージをもらったら毎回即返信する

②女性から返信が来ない間に2通3通と送る

③1日に何通もメッセージを送る

④勤務時間中にメッセージを送る

⑤毎日その日あった出来事を報告する日記のようなメッセージを送る

⑥「おはよう」や「おやすみ」のメッセージを毎日欠かさず送る

⑦いきなりデートに誘う

⑧いきなり直接の連絡先を聞く

⑨自分の話ばかりしている

⑩下ネタやエロ話をメッセージ送る

⑪好意丸出しのメッセージを送る

⑫告白のメッセージを送る

⑬デートの約束をした後も特に用も無いのメッセージを送る

 

婚活サイトを利用している多くの男性が、知らず知らずのうちにこの様なメッセージを送って女性からドン引きされてしまい、その結果、返信をもらえなくなり音信不通になってしまっているわけです。

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、婚活サイトのお気入りの女性とメッセージのやりとりする際の参考にしてみてください。