婚活サイトの女性とのメッセージで、どんな話題をふれば良いのかわからない・・・

婚活サイトの出会いにおいては、当然のことながら、はじめは相手の女性と直接会っている状態ではなく、サイト上でのメッセージのやりとりからはじまります。

ですが、婚活サイトを利用している多くの男性が、好みの女性とサイト上でメッセージのやりとりをはじめるものの、「どんな話題を話せば良いのかわからない」という状況に陥っています。

やはり、多くの男性は、いくらプロフィールで相手の女性が情報が得られるとはいえ、まだ直接会ったこともない相手に対しては、どんな話題をふれば良いのかわからないものです。

そして、意味もなくダラダラとメッセージのやりとりをしているうちに、女性から返信が来なくなったり、音信不通になったりするわけです。

あなたにもそのような経験はありませんか?

婚活サイトの女性との関係を進展させるためには、「適切な話題」というものがあるわけです。

そこで今回は、婚活サイトの女性とのメッセージのやりとりで有効な話題とNGな話題と題してお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話を参考にして、婚活サイトのお気に入りの女性と上手にメッセージのやりとりをして関係を進展させていきましょう。

 

そもそも「婚活サイトの女性とメッセージをする目的」とは!?

まず、婚活サイトの女性とのメッセージのやりとりで有効な話題とNGな話題の前に、前提として、そもそも「婚活サイトの女性とメッセージをする目的」についてお話しておきます。

ここで、「メッセージをする目的なんて、女性と仲良くなるために決まってるだろ!」と、お声がありそうですが、確かに女性と仲良くなることが目的です。

ですが、もっと「具体的な目的」を意識しておく必要があります。

実は婚活サイトを利用している多くの男性というのは、この「具体的な目的」を意識せずに、好きな女性とメッセージのやりとりをしているため、いつまでも関係を進展させられなかったり、音信不通になってしまっているのです。

その「具体的な目的」とは、「デート」をすることです。

やはり、ただサイト上でメッセージのやりとりをしているだけでは、ある程度は仲良くなることはできても、二人の関係を進展させることができません。

二人の関係を進展させて深い仲になるには、「デート」は絶対不可欠なわけです。

ところが、婚活サイトを利用している多くの男性というのは、良く言えば誠実で真面目なのですが、悪く言えば「奥手すぎる」ところがあって、お気に入りの女性といつまでもダラダラとサイト上でメッセージのやりとりだけしているわけです。

婚活サイトに登録している女性からすれば、真剣に出会いを求めているわけですから、メッセージのやりとりだけで、いつまでもデートに誘ってくれない男性に対しては、愛想が尽きてしまったり、「この人、なんの目的でメッセージ送ってきてるの?なんか不思議な人」などと思ってしまい、恋愛対象外になってしまうわけです。

もちろん、メッセージのやりとりを開始したその日にデートに誘ったら、女性からヤリ目とか怪しい業者だと思われて警戒されてしまいます。

ですから、婚活サイトのお気に入りの女性とメッセージのやりとりを開始したら、早すぎず遅すぎずベストなタイミングでデートに誘い出していく必要があるわけです。

具体的には、以下の記事でもお話しました通り、メッセージの数としては5~10往復程度、期間としては5~20日程度やりとりしたら、女性をデートに誘い出していくべきなのです。

婚活サイトの女性をデートに誘い出すベストなタイミングとは!?

そして、この5~10往復のメッセージの間で適切な話題をふることにより、デートに誘い出すという目的につなげることができるわけです。

ということで次に、婚活サイトの女性とのメッセージのやりとりで有効な話題とNGな話題についてお話していきます。

 

婚活サイトの女性とのメッセージのやりとりで有効な話題とNGな話題

それでは早速ですが、婚活サイトの女性とのメッセージのやりとりで有効な話題とNGな話題とはそれぞれ以下の通りになります。

【有効な話題】

・グルメ・料理

・相手の趣味や好きなこと

・相手の悩みや愚痴を聞いてあげる

・恋愛話

・相手の女性の呼び方について

 

【NGな話題】

・自慢話

・こちらの愚痴やのネガティブな発言

・他人の悪口

 

先ほどお話しました5~10往復のメッセージの間で、このような「有効な話題」を女性をふってあげることにより、自然な流れでデートに誘い出していくことができるわけです。

逆に、「NGな話題」をしてしまうと、こちらの印象が悪くなったり、女性を退屈させてしまったりして、途中で音信不通になってしまったり、デートまでたどり着けずに終わってしまうので、このような話題はひかえましょう。

では、それぞれの話題について解説していきましょう。

有効な話題

・グルメ・料理

グルメや料理に関する話題は、ぜひとも使うべき鉄板ネタと言えます。

なぜなら、ほぼ全ての女性はグルメや料理に興味や関心があるのでハズれることはありませんし、そこからランチやスイーツ・ディナーなど、デートに誘い出す流れに持っていきやすいからです。

例えば、相手の女性とパスタの話題で持りあがったら、「新宿にうまいパスタ屋があるんですけど、今度ランチ行きませんか?」などといったように、グルメの話題から自然な流れでデートに誘い出せるわけです。

ということで、グルメや料理の話題は必ず織り交ぜていきましょう。

・相手の趣味や好きなこと

サイト上でメッセージのやりとりをしている段階では、相手の女性はこちらに対して多少の関心はあったとしても、まだ恋愛感情までは芽生えていないことがほとんどです。

そして、多くの人はまだ好きでもない相手の話をされたところで、大して興味もありませんし、退屈に感じてしまうわけです。

ですが、自分にとって興味のあることや好きな話題について相手からふられたら、楽しく話をすることができます。

あなたも自分にとって興味のあることや好きな話題を相手からふられたら、饒舌になって楽しくなるものですよね?

ですから、婚活サイトの女性とメッセージをするにあたっても、自分のことばかり話すのではなく、基本的には相手にスポットライトを当ててあげて、相手の女性の趣味や好きなことについて話題をふってあげて、それを聞いてあげるわけです。

これにより、女性は楽しく会話をすることができ、やがてあなたとのコミュニケーションが楽しいと感じるようになるわけです。

なので、最初はこちらの話ばかりするのではなく、相手の女性にスポットライトを当ててあげて、話題をふってあげましょう。

 

・相手の悩みや愚痴を聞いてあげる

相手の悩みや愚痴を聞いてあげることは、信頼を勝ち得るのに有効です。

なので、もし相手の女性が仕事やプライベートなどに関する悩みを愚痴を言ってきたら、それをしっかりと聞いてあげましょう。

ただし、女性の悩みや愚痴を聞いてあげるにあたっては、こちらから何かアドバイスをするのではなく、「へー、そうなんだ、それは大変だよね」とか「それは辛かったね、よく頑張ったね」とか、相槌を打って、ただただ聞いてあげるというスタンスの方が良いです。

なぜなら、多くの場合、女性が悩みや愚痴を言ってくるのは、その問題を解決したいのではなく、ただそれを誰かに聞いてほしいからなのです。

ということで、もし相手の女性が悩みや愚痴を言ってきたら、それをただただ聞いてあげて受けとめてあげましょう。

 

・恋愛話

恋愛話はほぼ100%の女性が好きな話題です。

なので、サイト上のメッセージの段階においても、女性に軽めの恋愛話をふってみるのもアリです。

例えば、私はサイト上のメッセージのやりとりの段階で、「〇〇さんは、『これだけは無理』みたいな男性のタイプとかってありますか?」という質問を何人かの女性にふったことがありました。

この質問は、女性からしても答えやすいですし、「好きなタイプ」を聞くよりもありきたりでは無いのでインパクトがありますし、こちらとしても女性心理がわかって勉強になるので、結構おすすめです。

このように恋愛に関する話題を織り交ぜることにより、何となく二人が恋愛をする雰囲気もつくることができるわけです。

 

・相手の女性の呼び方について

もし相手の女性のハンドルネームが「まゆみ」などの本名であったり、「まーちゃん」などの本名を元にしたニックネームであれば、普段、友達などにどのように呼ばれているのか話題をふってみると良いです。

なぜなら、この話題をキッカケに、相手の女性を「さん付け」から「呼び捨て」にすることができるからです。

やはり、相手の女性との関係を進展させるためには、「さん付け」よりも「呼び捨て」の方が、二人の距離が縮まりやすいですからね。

例えば、以下のようなやりとりをするわけです。

あなた「まゆみさんは、友達からは普段何て呼ばれているの?」

女性「そうですね。”まゆみ”とか”まーちゃん”て呼ばれることが多いですよ^^」

あなた「そうなんだ。じゃあこれから”まゆみ”って呼ぶね」

みたいな感じです。

ただし、これに関してはまだ呼び捨てにするのは馴れ馴れしいと思ったら、無理をせずに、メッセージの段階では「さん付け」のままでも良いです。

ですがその場合であっても、初デートの段階になったら「呼び捨て」にするようにしてください。

ちなみにこの話題は、相手の女性のハンドルネームが「いちご」とか「メロン」などの本名と全く関係ない場合は、まだ本名を言うのに抵抗がある可能性があるので、無理に聞く必要はありません。

このような「有効な話題」を5~10往復のメッセージのやりとり間でして、デートに誘い出していくわけです。

では次に、「NGな話題」について解説していきましょう。

NGな話題

・自慢話

婚活サイトを利用している多くの男性が自分をアピールしようとするあまり、ついつい自慢話などをしてしまいがちです。

ですが、先ほどもお話しましたように、サイト上でメッセージのやりとりをしている時点では、女性はこちらに多少の興味や関心はあるかもしれませんが、まだ恋愛感情は持っていません。

ですから、女性からすれば、まだ好きでもない男性から自慢話をされたことろで、退屈なだけで、「だから何?」って思うだけです。

基本的には相手の女性にスポットライトを当ててあげて、こちらの話は相手から聞かれたら話す程度で良いです。

自慢話なんてしても、女性から凄いとは思われませんので、絶対にNGです。

 

・こちらの愚痴やのネガティブな発言

自分の仕事やプライベートの愚痴などのネガティブな発言はひかえましょう。

なぜなら、女性からすれば、まだ良く知らない男性から愚痴やネガティブなことを聞かされても困りますし、恋愛をするなら前向きでポジティブな相手を選びたいと思うものです。

ただし、先ほどもお話しましたように、女性側の愚痴や悩みをこちらが聞いてあげるぶんにはOKです。

 

・他人の悪口

サイト上のメッセージのやりとりの段階で、第三者の悪口が話題になることは少ないかもしれませんが、これもNGな話題です。

なぜなら、女性からすれば、他人の悪口を言う人に対しては、「この人、私のことも影でひごいこと言いそう」などと思ってしまうからです。

他人の悪口というのは、その場ではついつい盛り上がってしまうこともあるのですが、聞き手からは良い印象を持たれないことがあるので注意しましょう。

 

以上の3つのNGの話題は、サイト上のメッセージだけではなく、デート中の会話においても禁物です。

ということで以上、婚活サイトの女性とのメッセージのやりとりで有効な話題とNGな話題についてお話しました。

 

あなたも婚活サイトの女性と上手にメッセージのやりとりをしていこう

今回のお話いかがでしたでしょうか?

おさらいしますと、婚活サイトの女性とのメッセージのやりとりで有効な話題とNGな話題とはそれぞれ以下の通りになります。

 

【有効な話題】

・グルメ・料理

・相手の趣味や好きなこと

・相手の悩みや愚痴を聞いてあげる

・恋愛話

・相手の女性の呼び方について

 

【NGな話題】

・自慢話

・こちらの愚痴やのネガティブな発言

・他人の悪口

 

5~10往復のメッセージの間で、このような「有効な話題」を女性をふってあげた後、自然な流れでデートに誘い出していくわけです。

逆に、「NGな話題」をしてしまうと、こちらの印象が悪くなったり、女性を退屈させてしまったりして、途中で音信不通になってしまったり、デートまでたどり着けずに終わってしまうので、このような話題はひかえましょう。

ということで、ぜひあなたも今回のお話を参考にして、婚活サイトのお気に入りの女性と上手にメッセージのやりとりをして関係を進展させていきましょう。