男性は60代70代になっても子供をつくることはできるが・・・

一般的に、婚活においては、男性は女性に比べて年齢的なタイムリミットが長いと言えます。

婚活において、女性は20代までの間は需要が多いのですが、30代になった途端に需要が激減し、40代になるころには極めて需要が少なくなります。

一方、男性は20代後半から30代中盤ぐらいまでが最も需要があり、40代になってからでも需要があります。

あなたもそのようなことを感じたことはありませんか?

このように、男性と女性とで婚活できる年齢に差があるわけですが、その理由としては、女性には健康的な子供を産めるタイムリミットがあるからです。

以下の記事でもお話しましたように、女性は出産時に35歳以上となると高齢出産となり、特に初産の場合は様々なリスクが発生します。

婚活で30歳以上の女性と付き合うのは危険!?高齢出産に伴う7つのリスク

やはり、健康的な子供を出産するのであれば、20代のうちに初産を済ませておくのぞましいわけです。

一方、男性の場合は、40代50代はもちろんこと、60代70代になっても健康的な子供をつくることができます。

結婚したら将来的に子供をほしいと考える男性は多いわけですから、そうなると、どうしても婚活においては30歳以下の女性に需要が集中するわけなんですね。

この様に、子供をつくることができる年齢的タイムリミットの違いが、婚活における男女の年齢による需要の違いの一因になっているわけです。

・・・とはいえ、いくら子供がつくれると言っても、男性でも50代に突入したら婚活がかなり難しくなってきます。

もちろん、50代男性であっても同年代の女性と結婚するのはそれほど難しくはありませんが、子供を産めるような若い年下の女性と結婚するのはかなり難しくなってきます。

実際、私の知人の独身男性でも、40代までの間はそこそこモテていたのに、50代になってから結婚して子供がほしいと思って婚活をはじめたら、相手がみつからないという人がいます。

なので、男性の場合であっても、将来的に子供がほしいのであれば、30代40代までの間に結婚しておいた方が良いわけなんですね。

そこで今回は、男性でも結婚は40代までにするべき!?50代になったら婚活が難しくなる2つの理由と題してお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、婚活の参考にしてくださいね。

 

男性でも50代になったら婚活が難しくなる2つの理由

それでは早速ですが、男性でも50代になったら婚活が難しくなる2つの理由としては、以下の通りです。

 

①定年後に子供の教育費のピークがくる

②妻が親の介護と夫の介護を同時にやる可能性がある

 

これらの理由によって、男性でも50代に突入してしまうと、年下の若い女性と結婚するのが難しくなってくるわけです。

婚活をしている20代30代の女性からすれば、50代以上の男性に対しては、このような目で見てしまうわけなんですね。

では、それぞれの理由について説明していきましょう。

 

①定年後に子供の教育費のピークがくる

結婚して子供を育てていくとなると、最もお金がかかるのが学費などの「教育費」です。

近年では子育て世代支援の一環として、幼児教育無償化、高等教育無償化といった仕組みも出来上がってきているので、高校までの間はそれほど学費はかからないでしょう。

ですが、子供が大学に入る場合は、私立大学であれば年間100万円程度、公立大学であっても70万円程度はかかり、これが4年間続くわけです。

もし、男性が52歳の時に子供が産まれたとしたら、70歳の時に子供が大学生になるわけです。

多くの企業で、定年が延長されているとはいえ、70歳ともになると退職している時期でしょうし、それに加えて、年金受給開始年齢も引き上げられている可能性もあります。

つまり、サラリーマンや公務員の男性が50代以上で子供をつくったら、子供が大学に入って最も教育費がかかる時期に収入が少ない可能性が高いわけです。

自営業やフリーランスの人たちはともかく、70歳ともなれば、多くの男性は壮年期より収入が少なくなっているでしょう。

若い女性であっても、このような子供に将来的にかかるであろうお金に関しては、シビアに計算しているわけなんです。

ですから、男性であっても40代までに結婚して子供をつくった方が良いわけなんですね。

 

②妻が親の介護と夫の介護を同時にやる可能性がある

厚生労働省の調査によると、日本人が要介護認定を受け始める平均年齢は75歳だそうです。

そうなると、例えば30歳の女性が50歳の男性と結婚した場合、25年後には、女性が自分や相手の親の介護、さらには夫の介護と、同時にやる可能性も出てくるわけです。

もちろん、年をとって要介護になるかどうかは、その人の体質や自己管理などによってぞれぞれで違うのですが、75歳ともなれば、多くの男性は体に1つや2つは不調が出てくるものです。

男性側が「男は何歳になっても子供はつくれるし、いつでも結婚できる」なんて考えていても、婚活している若い女性達は、このような将来おこるであろう介護の負担を冷静に考えていたりするわけです。

ということで以上、男性でも50代になったら婚活が難しくなる2つの理由についてお話しました。

 

40代男性なら20代の若い女性をゲットするのは難しくない

今回のお話いかがでしたでしょうか?

おさらいしますと、男性でも50代になったら婚活が難しくなる2つの理由とは以下の通りです。

 

①定年後に子供の教育費のピークがくる

②妻が親の介護と夫の介護を同時にやる可能性がある

 

これらの理由によって、男性でも50代に突入してしまうと、年下の若い女性と結婚するのが難しくなってくるわけです。

男性側がいくら「50代60代でも子供がつくれる」なって思っていても、婚活をしている20代30代の女性達からすれば、50代以上の男性に対しては、このような目で見てしまうので、対象外と考えしまうわけなんですね。

なので、将来的に結婚して子供がほしいのであれば、40代までの間に結婚するべきなんです。

ということで、あなたも若い女性と結婚して子供がほしいのであれば、40代までの間に結婚することをおすすめします。

以下の記事でもお話しましたように、優良婚活サイトを賢く利用すれば、40代男性であっても、20代の若い女性をゲットするのは簡単にできることですからね。

アラサー・アラフォー男性の婚活は、20代女性をターゲットにするべき5つの理由

婚活サイトで、アラフォー男性が20代の女性を狙っても良いのか?