婚活サイトのメッセージや携帯電話のメールだけでは、女性は落とせない

150413a

今回からは、ネット婚活の具体的攻略法第5章:デートの仕方ということで、女性をデートに誘い出して仲を深め、彼女にするまでの過程をお話していきます。

何度もお話していることですが、婚活サイト内のメッセージや、スマホのメールやLINEのやりとりのみでは、ある程度仲を深めることはできても、女性を惚れさせることはできません。

あなたは、好きな女性といつまでもダラダラと、中身の無いメッセージのやりとりをしていませんか?

・・・それだけでは、二人の関係を進展させることは難しいです。

やはり、実際に女性を落とすのは、直接会っているデートの場面になります。

ということで、ぜひあなたも本章でお話していく内容をふまえて、好きな女性をデートに誘い出して、正しくアプローチをして、見事モノにしてくださいね。

さて今回の記事では、第4章:デートの仕方でお話する内容の、全体的な流れについて解説していきます。

まずは、デートで女性を落とすますでの流れを、ザックリと把握しましょう。

 

三回デートをして女性を落とすまでの流れ

第4章:デートの仕方では、三回のデートをして女性を落とすプランをお話していきます。

なぜ、三回という回数なのかというと、多くの場合において、戦略が立てやすく、成功しやすい回数だからです。

もちろん、個々の状況に合わせて、二回目のデートで落としたり、四回~五回と時間がかかってもかまいません。

ただし、初デートで女性を落としてしまうと、付き合うことになったとしても、お互いのことを安っぽく感じてしまい、多くの場合、長続きしない傾向がありますので、早くても二回目のデートで落とすことをおすすめします。

また、六回、七回と、進展の無いデートを繰り返して、いつまでも手を出さないというのも、女性から愛想を尽かされてしまう可能性が高いです。

なので、だいたい二回目~五回目ぐらいの間で、女性を落とすようアプローチしていきましょう。

ということで、三回のデートで女性を落としていく場合の流れとしては以下の通りになります。

①初デートまでの間にやるべきこと

(デートの下準備、メールのやりとり、等)

②初デートでやるべきこと

(思わせぶりな発言、スキンシップ、次回のデートの約束、等)

③二回目のデートまでの間にやるべきこと

(デートの下準備、メールのやりとり、等)

④二回目のデートでやるべきこと

(思わせぶりな発言、スキンシップ、次回のデートの約束、等)

⑤三回目のデートまでの間にやるべきこと

(デートの下準備、メールのやりとり、等)

⑥三回目のデートでやるべきこと

(思わせぶりな発言、体の関係を持つ。等)

 

「デートまでにやるべきこと」とは、デートのための下準備なり、女性との連絡のりとりになります。

そして、「デートでやるべきこと」とは、文字通り、デートの最中にやるべきことです。

この流れを1つ1つ着実にこなしていくことにより、あなたは好きな女性を手に入れることができるわけです。(それぞれの段階でやるべきことについては、次回以降の記事で詳しくお話していきます。)

そして、注意しなければならないのが、ただ単に、三回デートをすれば付き合えるということではありません。

よく、「三回デートして告白して付き合う」などと、世間で言われていることを鵜呑みにして、その通り、三回同じようなデートをした末に告白して、見事にフラれてしまう男性がいます。

やはり、毎回毎回「食事だけしてバイバイ」みたいなデートを繰り返していても、関係が進展することはありません。

三回のデートを通じて、しっかりと二人の関係を進展させることにより、付き合うことができるわけです。

では、一体どうすれば、二人の関係を進展させることができるのか?

・・・ここで特に重要になってくる行為が、“スキンシップ”です。

こちらの記事でもお話しましたが、女性を惚れさせるためには、スキンシップは不可欠な行為です。

なぜなら、多くの大人の女性というのは、彼氏や特別な関係の男性としか、スキンシップはやりません。

ですから、こちらがスキンシップを仕掛けていけば、女性に、「この人は特別な関係の男性なんだ」と、思わせることができるわけです。

そして最終的には、キスをしたり、体の関係を持ったりと、恋人同然の深いスキンシップをすることにより、二人の関係は決定づけられるわけです。

もちろん、いきなり、キスをしようとしたり、ホテルに連れ込もうとしても、女性から拒否されてしまいますので、最初は「肘や肩、膝がぶつかる」などといった、非常に軽いスキンシップからはじめて、じょじょに深いスキンシップへ移行させていきます。

そして、「肘や肩、膝がぶつかる」から、「ツッコミを入れる」「髪を撫でる」などといった行為に移行し、初デートの帰りまでには「手をつなぐ」ぐらいまでは、済ませるわけです。

さらに、

初デート:手をつなぐ

二回目のデート:キスをする

三回目のデート:体の関係を持つ

・・・と、いったように、デートを重ねる度に、より深いスキンシップを済ませていくことにより、確実に関係を進展させることができるわけです。

そして、三回目のデートで体の関係を持つことにより、こちらが告白するまでもなく、女性から告白をされたり、告白めいたことを言われるので、あなたはそれに対して、付き合いのであれば、OKの返事をすれば良いわけです。

つまり、デートにおいては、やるべきことはいくつかありますが、最も重要なことは、スキンシップの段階を確実に踏んでいって、最終的に女性と体の関係を持つことなのです。

これにより、二人の関係が決定づけられるというわけです。

以上が、デートで女性を落とすまでの流れになります。

だいたい、イメージがつかめたでしょうか?

デートを重ねるたびにより深いスキンシップをしかけていく最終的には体の関係を持ち、これにより二人の関係が決定づけられる

では、具体的には、どのように軽いスキンシップからじょじょに深いスキンシップへ段階を踏んでいけば良いのでしょうか?

このスキンシップの段階の踏み方については、次回の記事で詳しくお話していきます。

>>女性の身も心も手に入れる悪魔のスキンシップ17ステップ