いよいよ、あなたが理想の彼女を手に入れる三回目のデート!

150427a

ここまで、ネット婚活の具体的攻略法第4章:デートの仕方について、三回のデートで好きな女性を落とすために、初デートの前 ⇒ 初デート ⇒ 二回目のデートの前 ⇒ 二回目のデート ⇒ 三回目のデートの前、

・・・と、それぞれの場面においてやるべきことをお話してきました。

今回の記事においては、その集大成として、三回目のデートの場面で、どうすれば女性を確実に付き合うことができるのかについて、お話していきます。

実は、世の仲の多く男性は、どうすれば好きな女性と付き合うことができるのかを、正しく理解しておらず、デートで誤った行動してしまい、その結果恋が実らずに終わっています。

ということで、ぜひあなたは今回のお話をふまえて、三回目のデートにおいて、何をすれば女性と付き合うことができるかしっかりと理解して、その上で適切なアプローチをしていきましょう。

そして、見事あなたの理想の彼女をモノにして、幸せな未来を手に入れてください。

 

最も重要なことは”告白”ではない!?

まず、前回の記事でもお話したことですが、三回目のデートで女性と付き合うための最も重要なことについて、今一度おさらいしておきましょう。

くどいようですが、これを理解していないと、せっかくこれまでメールやデートで女性と仲を深めてきたのに、付き合うことができずに終わってしまう可能性があります。

世の中の多くの男性は、「三回デートをして、告白をすれば付き合える」などという言葉を信じて、デート中に「どうやって告白しようか」などと考えて行動していたりいします。

つまり、好きな女性と付き合うためには「告白」という行為が最も重要なことと考えているわけです。

ですが、これは大きな間違いなのです。

告白をしたからといって、それがキッカケで、女性がこちらのことを好きになってくれるわけではないのです。

それどころか、イチかバチかの告白をしてしまったばかっりに、女性から「○○君のこと、今はそんな風には見れないの・・・」などと言われてしまい、本来実るべきであった恋も実らずに終わってしまうこともあるわけです。

つまり、告白というものは、女性と付き合うためには、それほど重要な行為ではないのです。

では、一体、女性と付き合うために、最も重要な行為とは何なのでしょうか?

・・・・。

・・・それは、女性と「体の関係を持つこと」です。

このサイトでは何度も、デート中にスキンシップを重ねていくことが、二人の関係を進展させるために、非常に重要であるとお話してきました。

そして、そのスキンシップの中でも最も深い行為である「体の関係を持つこと」により、二人の関係を、完全に決定づけることができるわけです。

女性というのは、自分が悪者になりたくない生き物です。

ですから女性は、男性と体の関係を持ったら、「私は誰とでも寝るような軽い女じゃない、この人のことが好きだから、体の関係を持ったんだ。」などと、頭の中で、自分を正当化させてしまうのです。

そして、体の関係を持ってしばえば、女性の方から告白してきたり、「あたしたちってどういう関係なの?」などと、告白めいた言葉を言ってきたりするわけです。

つまり、これは裏を返せば、我々男性からすれば、体の関係さえ持ってしまえば、女性を落とすことができるわけです。

ということで、三回目のデートで女性と付き合うための最も重要なこととは、女性と「体の関係を持つこと」になるわけです。

以上をふまえた上で次に、三回目のデートで女性と体の関係を持つには、どのような点に注意して進めていくべきなのか、お話していきましょう。

 

三回目のデートで確実に女性と体の関係を持つための5つのポイント

三回目のデートで、女性と体の関係を持つにあたっては、以下の5つの点がポイントになります。

 

①デートの待ち合わせは夕方以降の時間帯で

②今までのデートで済ませたスキンシップをする

③キスを済ませてから女性を自宅やホテルへ誘導する

④ホテルへ誘導するには何と言ったら良いのか?

⑤ホテルの部屋に入ったら・・・

それでは、1つ1つのポイントにつき、詳しくお話していきましょう。

 

①デートの待ち合わせは夕方以降の時間帯で

例によって、デート当日の2~3日前に、女性にデートの待ち合わせの場所や時間の連絡をするわけですが、時間帯は、朝や昼ではなく、夕方以降にした方が良いです。

なぜなら、夕方以降の時間帯に待ち合わせの連絡をすることにより、女性に「この前のデートではキスまでしたし・・・今度のデートは夜の待ち合わせだし、ひょっとしたら・・・。」などと、何となく今度のデートで体の関係を持つことを想像させることができるからです。

これにより、デート中、よりスムーズにことを展開させることができて、体の関係を持つという目的を達成しやすくなるわけです。

ということで、三回目のデートの待ち合わせの時間帯は、女性に体の関係を持つことを想像させやすくするためにも、夕方18時以降ぐらいにしましょう。

 

②今までのデートで済ませたスキンシップをする

三回目のデートで女性と体の関係を持つために、デート中は、初デートや二回目のデートで行ってきたスキンシップを、当たり前のように仕掛けていきましょう。

例えば、二回目のデートでキスを済ませたのであれば、三回目のデートでは、待ち合わせの時点で、当たり前の様にキスをしてしまうわけです。

人混みの中で待ち合わせする場合は、周囲の視線が気になるので難しいかもしれませんが、人が少ない場所で待ち合わせる場合、ドライブに行く場合、部屋デートの場合・・・などは、待ち合わせの時点でキスをしてしまいましょう。

そして、二回目のデートまでに手をつないだのであれば、当たり前の様に手をつないで歩きましょう。

この様に、それまでのデートで済ませてきたスキンシップを当たり前の様にこなすことにより、体の関係を持つことも、当たり前のような空気になってくるわけです。

 

③キスを済ませてから女性を自宅やホテルへ誘導する

以下の記事もお話しましたが、女性にスキンシップを拒否されずに受け入れさせるためには、最初は軽いスキンシップからはじめて、じょじょに深いスキンシップへ移行させていことがポイントです。

女性の身も心も手に入れる悪魔のスキンシップ17ステップ

階段を1段1段確実に登っていくのと同じで、スキンシップも1段1段確実にステップアップさせていくわけです。

反対に、階段を一気に何段も飛ばしてしまったら転げ落ちてしまう様に、スキンシップもいきなり深いスキンシップをしようとしてしまったら、女性から拒否されてしまうわけです。

ですから、「体の関係を持つ」ためには、その前に、必ずキスを済ませておく必要があるわけです。

キスもしないで女性をホテルに連れ込もうとして、拒否されてしまったというケースは結構多いです。

なので、あなたが女性を自宅なりホテルへ誘導するにあたっては、待ち合わせ時なり、個室居酒屋の中なり、カラオケボックスの中なり、エレベーターの中なり、公園のベンチなり、移動中のタクシーの中なり、ホテルの目の前なり、場所はどこでも良いので、必ず、それまでの間にキスを済ませておきましょう。

 

④ホテルへ誘導するには何と言ったら良いのか?

ホテルへ誘導する際のセリフとしては、直接的な表現の言葉はNGです。

なぜなら、「今からホテル行こうよ」とか「エッチしようよ」などの、直接的なセリフを言ってしまったら、女性としては、「うん」と首を縦にふりづらいわけです。

先ほどもお話しましたように、女性というのは、自分が悪者になりたくない生き物ですから、「あたしがOKしたから、体の関係を持った」といったようなストーリーにはしたくないのです。

女性としては、「こちらはその気は無かったのに、そのような展開になって、体の関係を持ってしまった」といった、自分が悪者にならないストーリーにしたいわけです。

そこで、我々男性としては、以下の様なセリフで、ホテルに誘導すれば良いわけです。

「足伸ばせるところ行こうぜ」とか「次、俺の知ってる店行こうぜ」とか「ちょっと、風呂入りに行こうぜ」

・・・といった感じですね。

この様なオブラートに包んだ言葉であれば、女性も悪者にならずに済むので、首を縦にふりやすいわけです。

また、ムードがしっかりと出来あがっているのであれば、何も言わずに無言でホテルに連れて行っても良いです。

いずれにせよ、女性をホテルに誘導する際は、直接的なセリフは避けるようにしましょう。

 

⑤ホテルの部屋に入ったら・・・

ホテルの部屋に入ったら、女性の方も何をするかは理解できているので、ソファーやベッドでイチャついていれば、自然とそのような流れになるでしょう。

ですが、ここでさらに、より確実に女性と体の関係を持つために有効なのが、以下の方法です。

まず、ホテルの部屋に入ったら、あなたが風呂に入ります、

そして風呂から上がったら備え付けのバスローブに着替えてしまい、今度は女性にも入浴を促し、バスローブを着させるわけです。

この様に、お互いが風呂で体をキレイにして、さらにバスローブを着ることにより、これから二人が体の関係を持つという空気が、完全に出来あがるわけです。

そして、後は、女性を煮るなり焼くなり、あなたの好きでくるわけです(笑)

体の関係を持つ前に、女性の方から「あたしたちってどういう関係なの?」などと、聞かれることもありますが、これは先ほどもお話しました通り、女性からあなたへの実質的な告白です。

ですから、あなたがその女性と付き合うのであれば、「そうだな、じゃあ付き合おうぜ。俺は○○のこと好きだし」などと、男らしく堂々と答えてあげてください。

このような女性からの告白めいた言葉は、体の関係を持つ直前だけでなく。体の関係を持った後に聞かれる場合もあります。

その場合であっても同様に、あなたが付き合いたいのであれば、そこで付き合うことを宣言してあげてください。

この様に、体の関係を持つことにより、あなたは自ら告白をするというリスクを犯すことも無く、女性と自然な流れで付き合うことができるわけです。

これで、晴れて二人は相思相愛のカップルになるわけです。

以上が、三回目のデートで、女性と確実に体の関係を持つための5つのポイントになります。

 

まとめ

今回のお話いかがでしたでしょうか?

おさらいしますと、三回目のデートで、確実に女性と付き合うにために、最も重要なことは「体の関係を持つ」ことです。

「告白」という行為は、それほど重要では無いのです。

そして。三回目のデートで女性と確実に体の関係を持つためには、以下の5点がポイントとなってきます。

 

①デートの待ち合わせは夕方以降の時間帯で

⇒待ち合わせを夕方以降の時間帯にすることにより、女性側にも、体の関係を持つ展開になることを想像させることができる。

②今までのデートで済ませたスキンシップをする

⇒初デートや二回目のデートで済ませたスキンシップを、待ち合わせの時から当たり前のよう仕掛けていけば、

体の関係を持つことも当たり前のような空気になってくる。

③キスを済ませてから女性を自宅やホテルへ誘導する

⇒自宅やホテルへ誘導する前にキスを済ませておくことにより、女性から拒否される可能性はほぼ無くなる。

④ホテルへ誘導するには何と言ったら良いのか?

⇒直接的な表現のセリフは避けて、オブラートに包んだ表現にする。ムードが出来あがっていれば、無言で誘導しても良い。

⑤ホテルの部屋に入ったら・・・

⇒お互い風呂に入り、バスローブを着てしまえば、これから二人が体の関係を持つ空気が完全に出来あがる。

 

これらのポイントをしっかりとおさえておけば、まず間違いなく、女性と体の関係を持つことができるわけです。

そして、二人はとても自然な流れで付き合うことができるわけです。

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、三回目のデートでは確実に女性と体の関係を持って、見事、かわいい彼女を手に入れてください。

慣れていない場合は、三回目では落とせないかもしれませんか、遅くても、五回目のデートぐらいまでには体の関係を持って、女性と付き合えるようにしましょう。

 

ネット婚活の具体的攻略法第5章:デートの仕方は、以上になります。

さて、次回の第6章からは、女性と付き合ってから、どのように信頼関係を構築していけば良いのかをお話していきます、

このサイトの目的はあくまでも、あなたが幸せな結婚することですので、せっかく好きな女性と付き合うことができても、すぐに別れるような結果になってしまっては、意味がありません。

なので、ぜひあなたも次回以降の記事も読み込んで、最愛の女性と付き合うことができたら、その後も末永く良好な関係を構築していってください。

>>付き合ってからすぐにやるべき5つのこと