毎日のように「足あと」を付けてくる女性

150708b

前回の記事に引き続き、今回も当サイト管理人である私ユウの婚活サイト体験記をお話していきます。

ぜひ、あなたのネット婚活のご参考にしていただければと思います。

前回までの記事において、婚活サイトに登録した私は、まず1人目に、27歳の看護師のエリという女性とデートし、2人目には、29歳の塾講師のサユリという女性とデートをしました。

いずれの女性も、容姿が好みではなかったり、苦手なタイプだったので、それ以降、連絡をすることはありませんでした。

二人の女性とも、やりとりをするキッカケは、私が会員検索をした上で、こちらからメッセージを送ったことがはじまりでした、

つまり、以下の記事でお話した「攻めの戦術」の方だったわけです。

婚活サイトにおける「攻めの戦術」と「待ちの戦術」とは!?

ここで私は、もう1つの「待ちの戦術」でやりとりがはじまった女性とも、実際に会ってみることにしました。

つまり、女性側からこちらにメッセージを送ってくるパターンです。

私は、メッセージを送ってくれた女性達の中で、主に、居住地が近い子、年齢が20代の子、その他条件が合う子、に対して返信をして、やりとりをしていました。

そんな「待ちの戦術」でやりとりが開始した女性の中に、ミホという29歳の看護師の子がいました。

ミホは、何日も私のプロフィールページに頻繁に足あとを付けていたので、「この子は、俺にかなり興味を持っているのかな?」などと思い、会ってみることにしました。

プロフィールや写真を見る限りでは、私のタイプの”どストライク”というわけではありませんでしたが、こちらに強い興味を示してくれた女性に対して、自分も興味が湧いてきて、一度会ってみたいと思ったわけです。

そんなわけで、私はこれまでと同様に、都内某所のS駅の改札前にて、ミホと待ち合わせる約束をしました。

 

「ほっといてくださいっ!」

デート当日、約束の時間丁度ぐらいにS駅に着いた私は、改札周辺を見渡しますが、ミホらしき女性はいません・・・。

「・・・10分待って連絡すら来なかったら、店をキャンセルして家に帰るか。」などと、私が考えをめぐらせていると、それから5分ほどして、ミホから駅に着いたとのメールが入りました。

ほどなくして、私はミホらしきショートボブの子を見つけ、声をかけます。

ミホはこちらに顔を上げ、ちょっと緊張気味の笑顔で答えます。

「・・・う~ん、プロフィール写真より目が小さい。。。」というのが、私のミホに対する最初の印象でした。

そして、私とミホは、個室居酒屋へ向かいます。

道中、二人で他愛の無い話をしますが、ミホは緊張しているのか、気をつかってくれているのか、それとも不思議ちゃんなのか、やや大げさに笑ったり、驚いたり、リアクションをしてきました。

居酒屋に入店すると、席につき、ドリンクと食べ物を頼むと、二人の会話がはじまります。

ここでもミホは、会話中やや大げさに笑います。

そこで私が、「なんか、笑い上戸だよね」と、言うと、

ミホは、「ほっといてくださいっ!」と、怒ってるんだか、笑っているんだか、よくわからない返答をしてきます。

・・・なんだか、よくわからない不思議なテンションの子です。

私は、最初は「絡みづらい子だな」と思いつつも、ミホの仕事の話や、恋愛の話を聞いてあげているうちに、じょじょにこちらに心を開いてくるのがわかりました。

私は、最初はツンとしていたり、こちらを少し警戒しているような子が、じょじょにこちらに心を開いてくると、ちょっとした達成感を感じます。

そんなこんなで、個室居酒屋で二人で2時間ほど過ごす中、私は、なんだかこのミホについて、どんな子なのか、もう少し知りたいと思うようになりました。

というわけで、私とミホは個室居酒屋を出て、近くのショットバーへ、手をつないで向かいます。

バーに入った私は、ミホと酒を飲み、話をしながら、「う~ん、この子はどうなんだろう??もう一回デートしてみようか。。。」などと、考えをめぐらせます。

私自身、ミホがそれほどタイプというわけではないのに、なぜだか、この子とこれっきりになってしまうのが勿体ないと、その時は感じたのです。

判断に迷った私は、とりあえずミホと次回のデートの約束をしました。

そして、その日は何もせずに、駅までミホを送り届けて別れました。

私は、帰りの電車で1人になってからも、「う~ん、あの子どうなんだろうなあ。。。」などと、頭を悩ませます。

・・・ですが、家に着いて婚活サイトにログインした私は、新たな女性からのメッセージを見ると、ミホのことなどすっかり忘れてしまったのでした。。。

その新たな女性は、チナツという30歳のキャリアウーマン風の子でした。

チナツは顔写真はアップロードしていなかったのですが、プロフィールを読む限り、性格が明るそうで、仕事も頑張っている感じが伝わってきました。

そして、このチナツに興味が出てきた私は、早速彼女にメッセージを返信しました。

チナツはプロフィールのイメージ通り、メッセージのやりとりでも、明るくて快活な感じでした。

結局私は、このチナツと会う約束をして、ミホとの二回目のデートはキャンセルしてしまうのでした。。。

ということで、次回はこの快活なキャリアウーマン女性とのお話になります。

ぜひ次回の記事も楽しみにしていてくださいね。

>>婚活サイト体験記⑥ 福岡出身キャリアウーマンの巻