生意気そうな女だが、とりあえず会ってみる

150716a

前回の記事に引き続き、今回も管理人の婚活サイト体験記をお話していきます。

ぜひあなたのネット婚活のご参考にしていただければと思います。

私が婚活サイトに登録してから8人目に会うことになった女性は、ユリという26歳の元教師の女性でした。

ユリとのやりとりがはじまったのは、彼女の方からメッセージを送ってきたのがキッカケでした。

ユリは、プロフィール写真を見る限りでは、女優の吉高由里子さんのような薄い顔立ちの子で、メッセージでは、毎回短文で素っ気ない感じでタメ口でした。

私は、ユリに対して、生意気そうな印象を受けましたが、「実際、会ってみたらイイ女かも」という淡い期待をいだきつつ、とりあえず会うだけ会ってみることにしました。

というわけで、例の如く、私は都内某所のS駅改札前で、ユリと待ち合わせることになりました。

 

「夢をかなえる象」あらわる!

デート当日、私が時間丁度ぐらいに待ち合わせ場所に着くと、まだユリらしき女性はおらず、彼女からの連絡もありません。

そして、5分ほど待ったところで、ユリから電話が入ります。

私が電話に出ると、ユリは、婚活サイトのメッセージと同様の淡々としたトーンで、話し出しました。

「あのさ、悪いんだけど、今日中に郵便局に持っていかなくちゃいけないモノがあってさ。まだ、そっち向かってないんだよね・・・。」

・・・とのこと。

それに対し、私としては、そのままデートを中止にするか、ユリを待つか迷いましたが、結局、もう30分ほど待つことにして、早く来るようにユリに伝えました。

ユリとの電話を切った私は、今度は予約していた店に電話して、遅れる旨を伝えます。

この時は、我ながら、「相手の方に落ち度があるにもかかわらず、自分の立場を下げるようなことやってるよなぁ・・・」などと、自分が情けなく思ったものです(笑)

結局、ユリはそれから1時間ほどして、悪びれる様子もなく待ち合わせ場所に現れました。

ユリはプロフィール写真と実物に、かなりの差がありました。

しかも、実物の方が悪いパターンです(笑)

プロフィール写真では粗い画像だったこともあり、吉高由里子さんに少し似た感じだったのに、実物のユリは、かなり目が細くて、のっぺりとした顔をしており、体型もやや太めです。

さらに笑うと、俳優の古田新太さんに似ています。

furuta

私は、「この容姿で、なんでこんな強気に出られるんだろう!?」などと思いつつ、ユリを連れて居酒屋に入ります。

店に入って、ユリと話をしてみると、やはり、ユーモラスな容姿の割に、生意気で強気でマイペースな感じです(笑)

私はユリを見ていると、「夢をかなえる象」というドラマで、ガネーシャという図々しいキャラクターを演じていた古田新太さんを、連想してしまいました。

当然、私はユリを二軒目に誘うこともなく、次回のデートの約束をすることもなく、その居酒屋で出たら、二度と彼女と会うことはありませんでした。

ちなみに、その後、ユリからは「ごちそうさま」のメールすらありませんでした(笑)

私は基本的にはデートの食事代は出すようにしているのですが、「ごちそうさま」メールをしてこない子は、人生初だったので、そこでも衝撃を受けました。

家に帰った私は、気持ちを切り替え、さっそく婚活サイトにログインすると、今度は、エミという目がパッチリした28歳の女性とのデートの約束を取り付けました。

ということで、次回はこのエミとのデートについてお話していきます。

ぜひ次回の婚活サイト体験記も楽しみにしていてくださいね。

>>婚活サイト体験記⑪ 妖怪人間べラ子ちゃんの巻