エミとのニ回目のデートは鎌倉

150717b

前回の記事に引き続き、今回も管理人の婚活サイト体験記をお話していきます。

ぜひあなたのネット婚活のご参考にしていただければと思います。

前回、私はエミという、婚活サイトで出会った28歳の女性と1回目のデートをしました。

エミは、シンクロナイズドスイミングの選手が競技用メイクをしたような、または、「妖怪人間べム」に出てくる女性妖怪のべラのような、かなりインパクトのあるハッキリとした顔立ちの女性でした。

私は1回目のデートでは、夜の時間帯で酒が入っていたこともあり、エミが美人なのか、怖い顔なのか、判断に迷いました(笑)

そこで、昼間の時間帯にシラフでもう一度エミと会ってみて、改めて判断してみようと思ったわけです。

そして、エミとのニ回目のデートは、彼女が紫陽花を見たいということもあり、鎌倉方面に行くことになりました。

ということで今回は、このエミとの二回目のデートである鎌倉デートについて、お話していきます。

 

昼間、改めて彼女の顔を見たら・・・

エミとのデートの待ち合わせは、午前10時に北鎌倉駅の前でした。私が北鎌倉駅に着くと、エミからメールが入っており、彼女は既に到着して待っているとのこと。

改札を出るとすぐに、エミらしき背の高い女性が日傘をさして立っているのが目に入りました。私は、その日傘の女性に「おう!」と声をかけます。

すると、日傘の下からは、相変わらず強烈なインパクトのあるエミの顔があらわれました。そして、彼女はまた、「ウフフ・・・ウフフ」と、乙女チックかつ不気味な笑いを浮かべます。

私は、改めて彼女の顔を見たその瞬間、思いました。

「うわ!!やっぱり、この顔ダメだ!怖い・・・。」

昼間に改めてエミの顔を見ると、やっぱりド迫力で、胸焼けを起こしそうになりました。

私ごときの男のために時間を割いてくれているエミには申し訳ないけど、今すぐそこから逃げ出したいとも思いました。

・・・とはいえ、せっかく鎌倉まで来たわけです。

私は気持ちを切り替え、今日一日はエミとの鎌倉デートを楽しむことに決めました。

私たちは二人は、北鎌倉駅から、円覚寺、東慶寺、明月院、など、紫陽花が見ごろなスポットを散策しながら、鎌倉駅方面の鶴岡八幡宮へと向かって行きました。

昼過ぎには鎌倉駅近辺の飲食店や土産店のある通りに着いたので、ランチの店を探します。

私は、この通りを二人で歩いている時に気づいたのですが、いつもなら声をかけてくるであろう客引きの男性店員達が、なぜかモーセの十戒のごとく、道をサーっとあけてくれました。

どうやら、客引きの男達も、私の後ろをついて歩いているエミのド迫力の顔を見て、ビビっているようです。

まるで、虎の威を借る狐の様な状態になっていたわけです。

結局私たちは、空いてそうな適当なパスタ屋を見つけて中に入ります。

店に入ると、二人は対面の席に座ります。

エミの顔を真正面からマジマジと見ると、やっぱり迫力があります。

食事の最中、エミは先週出席したという、従兄弟の結婚式の模様について、話し出しました。

そして、彼女は、「でね、従兄弟に、『今度はエミちゃんの番だね』って言われたの。ウフフ・・・ウフフ・・・」と、嬉しそうに言ってきました。

私は心の中で「うわーマジ勘弁!俺は勘弁!」と、叫びました。

ランチの後は、二人で江ノ電に乗って、稲村ヶ崎という場所へ海を見に行きました。

そして、夕方になって鎌倉駅に戻り、二人で帰りの電車に乗るわけですが、エミとこれ以上同じ空間にいることが耐えられなくなった私は、とうとうギブアップして、「俺、ここで乗り換えなんだ、じゃあね!」と、テキトーなことを言って電車を降り、彼女と別れました。

そんなこんなで、私はエミとの最後のデートを終えて、家に着くなり婚活サイトにログインし、さっそく次の女性とのデートの約束を取り付けるのでした。

次にデートをすることになったのは、アイという笑顔が素敵な30歳の女性でした。

 

ということで、次回の記事では、このアイとのデートについてお話していきます。

ぜひ次回の婚活サイト体験記も楽しみにしていてくださいね。

>>婚活サイト体験記⑬ シンナー中毒三十路女の巻