アカネとの二回目のデート

150719b

前回の記事に引き続き、今回も管理人の婚活サイト体験記をお話していきます。

ぜひあなたのネット婚活のご参考にしていただければと思います。

前回は、私が婚活サイトに登録してから11人目に会った、アカネという26歳のデパートの販売員の女性との初デートについてお話しました。

私は、前の彼女と別れて以来、新たに女性と出会っても、なかなか未練を断ち切れずにいたのですが、このアカネとの出会いにより、ようやく元カノへの想いに「上書き保存」することができたのでした。

今回は、そんなアカネとのニ回目のデートについてお話していきます。

アカネとの初デートは昼の時間帯に会いましたが、ニ回目のデートでは、夜の時間帯である19時に待ち合わせすることになりました。

私は今回のデートでは、アカネとキスまでは済まそうと思っていたので、ムードが出やすい夜の時間帯に会うことにしたわけです。

待ち合わせ場所は、前回と同じく、都内某所のS駅の改札前です。

 

初キスのタイミング

デート当日、待ち合わせ場所のS駅で落ち合った私たちは、そこから手をつないで、予約していたスペイン料理屋に向かいます。

前回のデートで、私たちは既に手をつないでいたので、今回のデートでも、当然のように手をつなげるわけです。

アカネは手をつなぐとゴキゲンになるのか、またニコニコしながら、つないだ手を大きくふって歩いています。

私たちが店に到着し、店員に席を予約していた旨を伝えると、「そのようなご予約はいただいていないのですが・・・。」との、店員のつれない返答。

私は、「そういえば・・・予約で電話した時出た店員は頼りなさそうな感じだったな。たぶん、彼は席をとり忘れてたんだろう・・。」と思い、とりあえず空いているカウンター席に通してもらうことにします。

私が予約していた席は個室だったので、そこで人目を気にせずイチャついて、キスもできると考えていたのですが、とりあえずカウンター席でも軽いスキンシップぐらいはできます。

私たちは席に着き、料理を食べながら、お互い今週あった出来事などを話し合います。

そんな中、アカネは仕事で少し悩んでいたことがあり、それをなかなか話せる相手がいなかったようで、せきを切ったように、その悩みをベラベラとしゃべり出しました。

私は彼女の話に対して、ところどころで相槌をうち、ただただ聞いてあげることに徹します。

アカネはその話を15分ほど夢中にしゃべっていたところで急に我にかえり、「・・・あ、なんかゴメンね。こんな話聞いてもらって・・。」と、少し恥ずかしそうに言います。

私たちは食事を終えると店を出て、繁華街に中心部に向かいました。

私はアカネに、「ちょっとボーリングやんない?」と言って、ボーリング場に連れて行きます。

ボーリング場は、繁華街の中の複合施設の建物の5階にあり、そこまではエレベーターで移動します。

私はこのエレベーターで、何とかキスができればと考えていました。

とりあえず、行きのエレベーターの中ではキスをすることなく、ボーリング場のフロアに到着します。

ボーリングをやってみると、中学高校とバレーボールをやっていて、身長が高く手足も長いアカネの運動神経の良さが垣間見えます。

私もそこそこは自信があったのですが、スコアはアカネと結構いい勝負でした(笑)

ボーリングを終えた私たちは、再び来たエレベーターに乗り込みます。

・・・幸い、エレベーターの中には、私たち二人以外は誰もいません。

ここで、「今しかない!」と判断した私は、自分の顔をアカネの顔に近づけて、一気に彼女の唇を奪いました。

アカネは抵抗することもなく、驚く様子もなく、私のキスを受け入れます。

彼女の唇は、思ったよりも肉厚でみずみずしく柔らかい感触でした。

エレベーターが1階に到着すると、私たちは慌てて体を離します。

そして、1階から乗ってきた別のカップルと目があいつつも、二人は何事も無かったように無表情でエレベーターを降ります。

エレベーターを降りると、アカネは笑いをこらえきれなくなったようで、「ぶはは!超楽しかった!!」と言って、吹き出します。

私は、そんなアカネを見ながら、「よし、とりあえずキスは済ませた!」と、1つの達成感を感じながら、夜の繁華街の中、彼女の手を引いて歩きました。

私は彼女を地下鉄の駅の入り口まで送り届けます。

そこの入り口周辺は薄暗く人気が少ない場所だったので、私は再び彼女にキスをします。

10秒ほどキスをした後、私が別れようとすると、アカネは、「もっと!」と言って、私の体の抱きついてきました。

そして私たちはさらに濃厚なキスをしました。

私はアカネに次のデートの約束をして、別れを告げ、唇に確かな感触を感じながら、家時に着くのでした。

ということで、今回のお話はここまでです。

 

次回も、このアカネとのデートについてお話していきます。

ぜひ次回の婚活サイト体験記を楽しみにしていてくださいね。

>>婚活サイト体験記⑰ 最終回