正しい服選びとコーディネートで、見違えるほどカッコよくなることができる

150311a

今回からは、2回にわたって“ファッション”についてお話していきます。

ファッションというものも、髪型と同様、その日のうちに変えることができて、外見のイメージを一新させることができる第一印象の重要な要素です。

今まで冴えなかった男性が、ファッションに気をつかっただけで、見違えるほどカッコ良くなり、周囲の女性たちの反応がガラリと変わったという事例は非常に多いです。

ですが、多くの社会人男性というのは、一年のうちの大半をスーツや作業着などの仕事着で過ごすこともあり、私服は学生時代とあまり変わらなくて子供っぽい人や、ほとんど気をつかっていない人もいます。

なので、そんな男性が多い中、あなたがセンスの良い私服を選んでコーディネートすることができれば、出会いの場では良い意味で目立つことができ、女性ウケも圧倒的に良くなるわけです。

あなたはファッションセンスには自信があるでしょうか?

しかしながら、ファッションというものは、大変奥が深いものですし、今の世の中、様々なアイテムが溢れていますし、たまにファッション雑誌をめくったり、休日に服屋に行っても、なかなか自分の合った服をセンス良く選べないものです。

ファッション業界に携わるようなプロのスタイリストですら、時として自分に不要な服を衝動買いしてしまい、タンスの肥やしにしてしまうことがあるようです。

ですから、多くの男性にとって、服選びが難しいのは、当然と言えば当然のことと言えるわけです。

そこで今回は、服選びで失敗しないための6つのポイントと題してお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話をしっかりと理解して、センスある服を選んでコーディネートして、出会いの場で、ライバルの男性たちを一気に出し抜いて、女性たちのハートを鷲掴みにしてしまいましょう。

 

服選びで失敗しない6つのポイント

さっそくですが、服選びで失敗しないための6つのポイントとは以下の通りになります。

 

①流行に左右されない「王道ファッション」がおすすめ

②正しいサイズを選ぼう

③基本となる5色

④シンプルなデザインを選ぼう

⑤まずは汎用性の高いレギュラーアイテムを揃えよう

⑥季節に合ったコーディネートをしよう

 

これらのポイントをしっかりとおさえることにより、複雑なファッションをシンプルに考えることができるようになり、センスのある服選びとコーディネートができるようになります。

それでは1つ1つのポイントについて解説していきましょう。

 

①流行に左右されない「王道ファッション」がおすすめ

ファッションには流行り廃りというものがあり、トレンドの移り変わりが激しいです。

これは、ファッション業界が意図的に流行のアイテムやカラー、スタイルなどを生み出しいるからと言えます。

ですが、そのような流行のファッションがあるのと同時に、流行に左右されない「王道のファッション」というものもあります。

「王道のファッション」というものは、一度身につけてしまえば、その後、5年10年と通用します。

ですから、その分、1つ1つのアイテムに関しても、その後、5年10年と使える、質の良いものに投資ができるわけです。

また、「王道のファッション」というものは、大人の落ち着いたお洒落な男性の雰囲気も演出できます。

なので、あなたも特にファッションにこだわりが無かったり、なかなか自分に似合ったスタイルを見つけられないのであれば、これからお話していく「王道のファッション」のアイテムとコーディネートをおすすめします。

 

②正しいサイズを選ぼう

ファッションで重要なポイントの1つが、「シルエット」です。

そして、その服の「シルエット」を引き出すにあたって大事なのが、“服のサイズ”です。

つまり、その服の「シルエット」を引きだし、最高にカッコ良く見せるには、その人の体にジャストフィットするサイズの服を選ぶ必要があるのです。

「そんなの当たり前だろ!」と、思うかもしれませんが、実に多くの男性が、自分に合っていないサイズの服を選んでしまい。イマイチ垢ぬけていなかったりします。

特に多いのが、自分の体よりワンサイズ大きい服を選らんでしまい。ダボっとした子供服の様なシルエットになってしまうケースです。

例えば、身長175cmの標準体型の日本人男性がいるとします。

そのぐらいのサイズの男性であれば、日本のブランドだとLサイズがジャストフィットだとしても。欧米のブランドだと、MまたはSサイズぐらいがジャストフィットだったりします。

ですから、服を買うにあたっては、必ず納得行くまで何度も何度も試着して、自分の体にジャストフィットして美しいシルエットになっているかチェックする姿勢が重要です。

少しでも「変だな」と思ったら、その場では購入を控えて、一旦頭をクールダウンさせるぐらい慎重になって良いです。

ということで、服を選ぶ際には、必ず自分の体にジャストフィットするサイズの服を選びましょう。

 

③基本となる5色

服の色には、「他の色と合わせやすい色」「他の色と合わせにくい合わせにくい色」とがあります。

当然、「他の色と合わせやすい色」の方が、着回しが利いて、活躍頻度が増えて、タンスの肥やしになることも無くなるわけです。

ということで、ここでは、他の色と合わせやすい色で、なおかつ大人の男性が似合う、基本となる5色についてお話します。

その基本となる5色とは、白、黒、グレー、ネイビー、ベージュ、です。

この5色は互いの相性が良く、大人の男性に似合う色なので選んでまず間違いの無い色です。

トップス、インナー、ボトムス、靴、カバン、など、これらの5色のうちから選んで、一年を通じてコーディネートが可能です。

ただし、色づかいは、この5色のうち、2~4色の間ぐらいで選ぶようにしましょう。

例えば、

トップス:ネイビーのジャケット

インナー:白のボタンダウンシャツ

ボトムス:ベージュのチノパン

靴:黒のレザースニーカー

カバン:ネイビーのバッグ

といった感じであれば、4色になります。

5色以上になってしまうと、やや統一感が無くなってきます。

また、全身1色で揃えるのもアリなのですが、これはこれでコーディネートに上級者のセンスが要求されるので、初心者の方には、実はかなり難しいのです。

使う色がこの5色だけだと、やや地味な印象があるのですが、「遊び」で色を加えたければ、マフラーなど小物類でカバーすれば良いわけです。

なので、特に高いアイテムや、着る頻度が高い基本アイテムに関しては、これらの色の中から選ぶことをおすすめします。

 

④シンプルなデザインを選ぼう

柄モノやちょっと奇抜なデザインのものは、他のアイテムと合わせずらいですし、それほど長く着ることができません。

ですから、デザインに関しては、柄の無い無地のもので、なおかつシンプルなものを選ぶようにしましょう。

これにより、5年10年着続けられて、他のアイテムとも着回しが利く、「王道のファッション」をおさえることができるわけです。

 

⑤まずは汎用性の高いレギュラーアイテムを揃えよう

具体的に購入するアイテムとしては、まずは、汎用性の高い基本となるレギュラーアイテムから揃えていきましょう。

レギュラーアイテムは以下の様なものになります。

 

●トップス・インナー

テーラードジャケット

ハイゲージカーディガン

ボタンダウンシャツ

Vネックカットソー

パーカー

ポロシャツ

 

●パンツ

デニムパンツ

チノパン

グレーのウールパンツ

 

●靴

レザースニーカー

プレーントゥシューズ

 

●カバン

ネイビーのブリーフケース

 

●コート

Pコート

ダウンジャケット

 

これらのアイテムを揃えて、着回すだけでも、一年を通じてかなりオシャレなコーディネートをすることができます。

なので、まずはこれらのアイテムから購入していきましょう。

尚、それぞれのアイテムの詳しい解説やおすすめブランドについては、次回の記事で詳しくお話していきます。

 

⑥季節に合ったコーディネートをしよう

四季のある日本においては、それぞれの季節に合ったコーディネートが重要です。

ということで、ここまでお話したポイントをふまえた上で、季節ごとのコーディネート例をいくつかご紹介しましょう。

 

 ●春秋

・カーディガン+Vネックカットソー+デニムパンツ+レザースニーカー

・カーディガン+ボタンダウンシャツ+チノパン+レザースニーカー

・パーカー+Vネックカットソー+デニムパンツ+レザースニーカー

・ジャケット+ボタンダウンシャツ+デニムパンツ+レザースニーカー

・ジャケット+ボタンダウンシャツ+チノパン+レザースニーカー

・ジャケット+ボタンダウンシャツ+グレーのウールパンツ+プレーントゥシューズ

 

●夏

・ボタンダウンシャツ+チノパン+レザースニーカー

・ボタンダウンシャツ+デニムパンツ+レザースニーカー

・ポロシャツ+チノパン+レザースニーカー

・ポロシャツ+デニムパンツ+レザースニーカー

 

●冬

 ・Pコート+カーディガン+ボタンダウンシャツ+グレーのウールパンツ+プレーントゥシューズ

・ダウンジャケット+カーディガン+ボタンダウンシャツ+デニムパンツ+レザースニーカー

 ・Pコート+カーディガン+ボタンダウンシャツ+デニムパンツ+レザースニーカー

 

といった感じですね。

 

色の合わせ方としては、インナーのボタンダウンシャツやカットソーは白にして、トップスとボトムスの濃淡を分けて、トップスと靴の濃淡を揃えると良いです。

例えば、

・ネイビーのカーディガン+白のボタンダウンシャツ+薄いベージュのチノパン+黒のレザースニーカー

とか、

・ライトグレーのカーディガン+白のボタンダウンシャツ+濃いベージュのチノパン+白のレザースニーカー

といった感じですね。

 

以上が、服選びで失敗しないための6つのポイントになります。

 

あなたも、6つのポイントをしっかりとおさえて服を選ぼう

今回のお話いかがでしたでしょうか?

服選びで失敗しないための6つのポイントを、おさらいしますと、以下の通りになります。

 

①流行に左右されない「王道ファッション」がおすすめ

②正しいサイズを選ぼう

③基本となる5色

④シンプルなデザインを選ぼう

⑤まずは汎用性の高いレギュラーアイテムを揃えよう

⑥季節に合ったコーディネートをしよう

 

基本的ではありますが、どれも非常に重要なポイントです。

 

あなたはこれらのポイントをしっかりとおさえるだけでも、他の男性と比べて圧倒的にオシャレで魅力的な男性になります。

ということで、ぜひあなたも今回のお話をふまえて、センスある服を選んでコーディネートし、何10倍もカッコ良くなってくださいね。

 

さて、次回の記事は、今回お話した「汎用性の高いレギュラーアイテム」について、それぞれのおすすめのブランドについて解説していきます。

>>これだけは揃えておきたいレギュラーアイテム14選