女性からメールの返信が来なくなる原因とは!?

150403a

ネット婚活の具体的攻略法につき、今回からは、第4章:連絡の取り方、についてお話していきます。

ここからは、婚活サイト内のメッセージのやりとりではなく、携帯電話のメールやLINEなどの、直接の連絡先でのやりとりに移行してからのお話になります。

多くの男性が、お気に入りの女性と連絡先の交換をしたにもかかわらず、その後の連絡のやりとりにおいて、間違った内容のメールを送ったり、行動をしてしまい、女性から返信が来なくなったり、音信不通になったりしています。

そして、初デートにすらこぎつけられずに、関係がフェードアウトしてしまうわけです。

あなたもそのような経験はありませんか?

なぜ、女性と連絡先交換をして、メールやLINEのやりとりをしているうちに、返信が来なくなったり、音信不通になってしまうことがあるのでしょうか?

その原因としては、様々あるのですが、婚活サイトが出会いの場合において、特に多いのは“必要最低限以外の余計なメールを送っている”からです。

よく、「マメに連絡する男はモテる」なんて言いますが、これは、あくまでも女性は彼氏や好きな男からマメに連絡されるから嬉しいのであって、好きでもない男からマメに連絡されたところで、重いとか、面倒くさいと思うだけです。

連絡先交換したり、初デートに誘った時点においては、多くの場合、女性はこちらに多少の興味・関心はあるものの、異性としての好意は持っていないわけです。

なので、女性と付き合うまでは、必要最低限以外のメールは送る必要は無いのです。

では、女性と付き合うまでの間においては、どのような内容が“必要最低限以外の余計なメール”で、どのような内容が“必要最低限のメール”なのでしょうか?

そこで今回は、“必要最低限以外の余計なメール”と”必要最低限のメール”の、それぞれ具体的内容についてお話していきます。

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、お気に入りの女性とメールやLINEのやりとりをするにあたっては、“必要最低限以外の余計なメール”は送らないようにして、“必要最低限のメール”のみを送るようにしてください。

 

女性に送ってはいけないメール、送るべきメール、とは!?

それでは早速ですが、女性に送ってはいけない”必要最低限以外の余計なメール”女性に送るべき”必要最低限のメール”について、それぞれの内容についてお話していきましょう。

 

女性に送ってはいけない”必要最低限以外の余計なメール”とは!?

以下の様な“必要最低限以外の余計なメール”は、女性に一切送る必要はありませんので、注意しましょう。

 

①女性から返信が来ない間に2通3通とメールを送る

女性からの返信が来ない間に、2通も3通もメールを送る男性がいますが、これをしたら、かなりガッツいている雰囲気になってしまい、こちらの立場も下がってしまうので、絶対にNGな行為です。

女性によっては、メール好きで1日に何通も送ってくる子もいれば、1週間に数通しか送ってこない子もいるわけです。

特に、社会人女性が相手であれば、学生の子と違って、それなりに忙しい日々を送っているわけですから、疲れて返信できないということは往々にあるわけです。

なので、女性から返信が来ない間は、こちらからメールを送らずに、じっくりと余裕の態度で待ちましょう。(複数の彼女候補がいれば、余裕の態度で返信を待てるはずです。)

また、メールの一連の流れが終わったから、返信してこないということもあるので、直前のやりとりを見直してみるのも良いでしょう。

 

②無理に間をつなごうとして意味不明なメールを送る

例えば、初デートが1週間後だとすると、その間の日数、関係が冷めないようにと、無理に間をつなごうとして、意味不明なメールを送ったりする男性がいます。

やはり、その様な意味不明なメールを送ることも、ガッツいて必死な雰囲気が出てしまい、こちらの立場を下げることになります。

デートのアポが取れているのであれば、いずれにせよ、女性と会うことは出来るわけですから、無理に間をつなぐメールなど送る必要は無いのです。

 

③今日あった出来事を報告する日記のようなメール

その日にあった、仕事でのトラブルやプライベートの事件などの出来事を、毎日、日記のように女性にメール送る男性がいます。

この様な内容のメールも、女性からすれば、彼氏や好きな男性から送られてきたのであれば、興味を示すかもしれませんが、まだ好きでもない男性から送られても、「だから何?」ぐらいにしか思いません。

最悪の場合、「この人には毎日メールを返信しないといけないのかな?、何か疲れる・・・。」などと、面倒くさい人間だと思われてしまい、女性から返信をもらえなくなり、音信不通になる可能性もあるわけです。

ですから、用も無いのに毎日の出来事を送る日記の様なメールもNGです。

 

④仕事の愚痴などネガティブな内容のメール

職場で失敗をしたり、上司に叱られた日などは、周囲に愚痴の1つや2つぐらい漏らしたくなることもあるのでしょう。

ですが、狙っている女性に対して、仕事の愚痴などのネガティブな内容のメールを送ったところで、何の解決にもなりません。

それどころか、女性に対して、頼りない、男らしくない、仕事ができない、暗い、つまらない、などの印象を与えてしまい、恋愛対象外にされてしまう可能性もあります。

なので、女性に対しては、決して仕事の愚痴などのネガティブな内容のメールは送らないでください。

 

⑤自慢話のメール

相手の女性に良く思われようと、自分の仕事の実績や地位の話、武勇伝などの自慢話をドヤ顔でする男性がいますが、そのような話は、女性を退屈にさせるだけで、逆効果です。

あなたも、誰かの自慢話を聞かされるのは、退屈ですよね?

場合によってはとても不愉快な気持ちになることもあるでしょう。

ですから、あなたも女性への自慢話は、メールの場合においても、実際に会って会話する場合においても、しないようにしてください。

あなたの長所や魅力というのは、自らしなくても、いずれ第三者経由などで女性に伝わることもありますし、その方が説得力があったり、ギャップや意外性の魅力になったりするのです。

 

⑥おもしろ写メなどを送りまくる

ネット上には、様々なおもしろ画像や衝撃画像などが出回っています。

そんなネット上のおもしろ画像などを、お気に入りの女性を楽しませようと、毎日のように送りつける男性がいますが、これもNGな行為です。

話の流れから、1つぐらいおもしろ画像を送るぐらいなら良いですが、毎日のように送られてきたら、女性からすれば「怖い」です。

あなたも、好きな女性ならともかく、それほど意識をしていない女性から、毎日のように「おもしろ画像」が送られてきたら、怖いですよね?

 

⑦「おはよう」や「おやすみ」のメール

彼氏でもないのに、連絡先を交換した女性に、毎日欠かさず、「おはよう」や「おやすみ」のメールを送る男性がいます。

これも、女性からすれば、彼氏や好きな男性から送られてくれば、嬉しいと思うかもしれませんが、まだ好きでもない男から送られてきたら、重いと感じてしまうものです。

なので、「おはよう」や「おやすみ」のメールも送る必要はありません。

 

⑧絵文字や顔文字が満載のメール

メールでやたらと絵文字や顔文字を使ったり、マークを使いまくったりする男性がいますが、これは、相手の女性に女々しい印象を与えてしまうのでNGです。

なので、メールでは絵文字や顔文字は一切使わない、使うにしても、1通に1つか2つ程度にしておきましょう。

LINEのスタンプも同様で、送りすぎないようにしましょう。

 

⑨あからさまに好意を伝えるメール

メールのやりとりにおいては、女性に対して、好きだの、可愛いだのの内容は、一切送る必要はありません。

その様な内容のメールを送っても、ガッツいている雰囲気になってしまい、こちらの立場を下げるだけです。

好意を伝えるのは、メールやLINEなどの直接会っていない場面でするのではなくデートなどの直接会っている場面で、思わせぶりな発言やスキンシップをして、”匂わせて”いくべきなのです。

ということで、メールにおいては、絶対に好意を伝えないでください。

 

⑩メールで告白をする

メールで好意を伝えるのがNGなわけですから、当然のことながら、メールで告白することも絶対NGです。

これをやってしまったら、その女性との関係は修復不可能になる、ぐらいに思っておいてください。

尚、以下の記事でもお話しましたが、そもそも女性を落とすにあたっては、メールの場面だろうと、デートの場面だろうと、“告白”という行為は、必ずしもやらなければならないことではないのです。

告白はしなくてもよい

 

i以上、女性に送ってはいけない”必要最低限以外の余計なメール”について、お話しました。

では一体、女性にはどんなメールを送れば良いのでしょうか?

ということで、続きまして、女性に送るべき”必要最低限のメール”の内容をお話していきましょう。

 

女性に送るべき”必要最低限のメール”とは!?

 

①デートの待ち合わせの連絡

女性と付き合うまでの間は、極端な話、デートの待ち合わせの連絡だけでも良いのです。

デートのアポが取れたのであれば、後はデート当日の2~3日前に、以下の様な待ち合わせに関するメールを送るだけで良いのです。

「○○日は、JR新宿駅南口の改札の待ち合わせでよろしく。

着いたら、メールか電話に連絡して。」

この1通のメールのみで良いのです。

このメールに対して女性からは、「うん、わかった!楽しみにしているね(^^)」などと返信があると思いますが、それに対してはあなたは女性に返信する必要はありません。

なので、「俺も、○○ちゃんに会えるのが超楽しみだよ(^^)」などと、いちいち返信しないでください。

というわけで、女性と付き合うまでの間は、デートの待ち合わせの連絡だけでも良いのです。

「ちょっと、素っ気ないんじゃないの?」などと、思うかもしれませんが、先ほど例に挙げたような余計なメールを送るよりも、こちらの立場を下げることもありませんし、女性の感情を揺さぶる事もできるわけです。

あなたも、女性からメールの返信が来ないと、相手のことを考えたりして、ますます気になったりしませんか

それと同じように、あなたが女性に対して、必要最低限以外のメールを送らないことによって、女性にあなたのことを考えさせたりして、気持ちを揺さぶる事ができ、これがやがて恋愛感情が芽生えるキッカケになったりするわけです。

 

②女性からの質問に対する回答

基本的には、①のデートの待ち合わせの連絡だけでも良いのですが、もし女性から質問のメールが来た場合は、返信してあげましょう。

ですが、婚活サイトの出会いの場合であれば、最初は顔すら合わせたことがない状態で、共通の知り合いもおらず、お互いのこともほとんどわからないので、特に初デート前の時点なら、このような質問メールが来ることもほとんど無いでしょう。

 

③緊急を要する連絡

急用が入ったり、事故や病気になったりして、デートがキャンセルになるような緊急事態になったのであれば、連絡はしましょう。

もっとも、このケースはかなりイレギュラーな事態なので、あなり無いと思いますが・・・。

 

以上が、女性に送るべき”必要最低限のメール”になります。

つまり、多くの場合においては、女性に送るべき”必要最低限のメール”とは、デートの待ち合わせの連絡だけになるわけです。

 

あなたも、女性と付き合うまでは、必要最低限のメールのみにしよう

今回のお話いかがでしたでしょうか?

おさらいしますと、連絡先交換をしたばかりだったり、初デートに誘った時点においては、多くの場合、女性はこちらに多少に興味・関心はあったとしても、まだ異性としての好意までは待っていないわけです。

女性としては、まだ好きでもない男性から、マメに連絡されても嬉しいと思うどころか、重いとか面倒くさいと感じてしまい、やがて返信をしなくなったり、音信不通になってしまうわけです。

ですから、この時点においては、女性に必要最低限以外のメールは送るべきでは無いのです。

女性に送ってはいけない“必要最低限以外の余計なメール”とは、以下の様な内容のメールです。

①女性から返信が来ない間に2通3通とメールを送る

②無理に間をつなごうとして意味不明なメールを送る

③今日あった出来事を報告する日記のようなメール

④仕事の愚痴などネガティブな内容のメール

⑤自慢話のメール

⑥おもしろ写メなどを送りまくる

⑦「おはよう」や「おやすみ」のメール

⑧絵文字や顔文字が満載のメール

⑨あからさまに好意を伝えるメール

⑩メールで告白をする

これらのメールは、一切送る必要はありません。

そして、女性に送るべき“必要最低限のメール”とは、以下の3つです。

①デートの待ち合わせの連絡

②女性からの質問に対する回答

③緊急を要する連絡

②は女性から質問メールが無ければ必要ありませんし、③もかなりイレギュラーな事態なので、多くの場合は、①のみですね。

まとめますと、多くの場合においては、女性に送るべき”必要最低限のメール”というのは、“デートの待ち合わせの連絡”だけになるわけです。

ぜひあなたも今回のお話をふまえて、お気に入りの女性とのメールは、付き合うまでの間は、必要最低限にするよう心がけてください。

これにより、女性と音信不通になることも無くなったり、あなたの立場を下げてしまうことも無く。無事デートまでこぎ着けることができるわけです。

さて次回の記事でも、女性との連絡の取り方について、お話していきます。

>>女性からのメールにすぐに返信してはいけない5つの理由